パイプに関するエントリーを先日載せた(→「パイプたばこ」を「葉巻」や「紙巻きたばこ」と比較してみる | Lunarian’s Blog)。

その中で、パイプの欠点としてあげた「着火具に困る」という点について書いてみたい。

パイプは、紙巻きや葉巻と違って、着火する部分を火の上に持ってくることができない。最低限、火を横向きか、下向きにしてつけることが必要になる。
とりあえず、横向きになれば吸い込み口から吸い込むことで空気と一緒に火の向きを変え、着火することができるのである。

通常のライターでやろうとすると、ライター次第かもしれないが、火傷してしまう。私が不器用なせいもあると思うが、とりあえず着火に手間取ることには間違いが無く、めんどくさがりの私的には改善したくてしょうがない。

というわけで、パイプの着火には、火が出る部分が長い棒の先になっているいわゆる「チャッカマン©」の類か、マッチ、もしくはパイプ用ライターということになる。

チャッカマンについて

チャッカマンは、非常に便利で、パイプへの着火にも火傷することなく着実につけることができる。しかし、持ち歩きには不便だし、コストが高くついてしまう。この点、ダイソーなどに実は多種多様なチャッカマンもどきが売っていることに今日気がついた。あんなにいっぱいあったとは。しかも、チャッカマンもどき的なものだけでなく、通常の100円ライターから棒がにょきっと伸びているようなヤツまであり、持ち運び制も優れているかもしれないとおもわせるものまであった。これは試してみる価値があるかもしれない。ただ、チャッカマンおよびチャッカマンもどきは、使い終わったら燃えないゴミか危険物なので、ゴミ捨てが面倒な点が問題。

マッチについて

次に、マッチ。これもパイプへの着火のしやすさという点で見ると非常に便利。でも、意外に売っていない。近所の薬局でやっと見つかったのだけれど、近所のホームセンターで見あたらなかったのにはびっくりした。(探せてなかっただけかもしれないけれど、普通線香と一緒に置いてない?)
あとは、マッチ火薬独特の臭いと木の棒がゴミとして出てしまう点がちょっと問題と言えば問題。マッチ火薬独特の臭いについては、マッチを擦って火をつけた後、しばらく立ってから煙草に火をつければよいのだけれど、ゴミがでてしまうのはちょっといやだ。コスト的にはチャッカマンよりもだいぶ優秀だけれど、チャッカマンもどきと比べたらどっちが上だろうか。

で、もうしょうがないから、パイプ用ライターを買うことにした。というか、今まで適当なライターばかり使ってきたけど、ちゃんと適当なライターを使うのもよいかなと思えてきた。パイプ用にも葉巻にも紙巻き煙草にも使えて、長く使えるガスライター(オイルライターは臭いがだめ)を探してみた。ついでにいうと、飽きっぽい性格なので、なるべく飽きがこないシンプルなデザインで、ZIPPOのように火を着けたらボタンを押し続けなくてもふたをとじるまで火が消えないヤツ。

あった。これだ。

SAROME サロメ ライター PSD9-07 ニッケルサテーナー — 世界のお酒&葉巻の専門店

というわけで、注文してみた。
届いたら、ブログにて写真付きでレビューする予定。

参考リンク

パイプを本格的に始めて(再開して)から、1週間になろうとしている。
かなりなれてきて、パイプたばこに依存してきているから驚き。
パイプに慣れたい人は、とにかくパイプ煙草だけ喫んでみるといいと思う。パイプに慣れるまでは、葉巻も紙巻きも禁止にする。そうすると、パイプに集中できるのではないか。
慣れてきたので、パイプの利点・欠点を思いつく限り述べてみたいと思う。
とはいえ、かなりパイプたばこを気に入っているヤツが言うことなので、そこは差し引いて読んでほしい。やっぱり、その人との相性、合う・合わないはあると思うから。

パイプの利点

・利点その1.旨い

紙巻き煙草と比べても、葉巻と比べても、パイプが旨いことはもはや私には疑いようがない。世界的に流通しているパイプ煙草の質が良いことはもちろんだが、喫煙具としてパイプは合理的だ。

煙はクールな方がおいしい。その点で、パイプは合理的だ。火が風に直接触れる面が少ないし、煙道が煙を冷やすのだ。
葉巻は、灰がクーリングの役割を果たすが、紙巻きは火が風に直接触れることはもとより燃焼剤が入っておりその点で非合理的だ。

煙がクールなことは、味だけでなく口腔内や気道に与える影響も少ないということになり、健康的でもある。喫煙の話で健康というのもおかしい話かもしれないが。

 

・利点その2.灰が落ちない

葉巻よりも、紙巻きよりもパイプが優れている点はここである。すばらしく快適で、何かをしながら喫煙したいときはパイプがもっとも優れた選択肢になるだろう。

 

・利点その3.安い

高い葉巻と比べればという話にもなってしまうが、パイプ煙草は安い。持ち時間も長いのでよりお得に思える。輸入元にもよるが、海外との価格差が小さいのもいい。

 

・利点その4.種類が十分に豊富

パイプ煙草は、歴史も深く世界市場で揉まれてもいるので、より優れたものが生まれやすいだろう。これからいろいろな種類を試す楽しみがある。また、パイプ自体にも種類があり、組み合わせによって味わいも異なるとのことだ。

 

・利点その5.煙が、重く少ない

紙巻き煙草のように軽くなく、部屋中のどこにでも広がらないように思える。その分、香りは強いともいえるが。

 

パイプの欠点

・欠点その1.手間がかかる

入門から、たばこ葉の詰め込み、パイプの掃除まで手間がかかることは否めない。

 

・欠点その2.着火具を選ぶ

マッチか、チャッカマンか、パイプ用ライターを購入する必要があるだろう。通常のライターだと手を火傷するか、うまく着火できず不愉快である。

 

・欠点その3.場所を選ぶ

持ち運びにもポーチなどが無いと困るという点を含めて場所を選ぶだろう。

 

・欠点その4.どこにでも売っていない

まぁ、ネットで買えばよいのだけれど。コンビニには売ってない。在庫管理(?)をきちんとしないといけない。

 

・欠点その5.凝り出すと泥沼

パイプは、パイプ周りの道具やら葉っぱやらがたくさんあって、凝り出すと泥沼にはまりかねない。それが望みの人には、利点だけど。

 
 

こんなかんじになりました。

 

パイプ煙草についてのサイトリンク

 

パイプ煙草を売っているネットショップリンク

 

本日、たばこ税増税についての報道があった。

1本10円アップとの話が出ているようで、シガレット(20本入り)だと、500円前後になるということになる。

パイプ・イメージ私は、紙巻きたばこ(ダビドフクラシック:340円)をベースに、気分によって葉巻を吸うというスタイルだった。コストパフォーマンス的に良かったので、今まではこれでよかったが、紙巻き煙草が一箱500~600円になるとなると、あまりコストパフォーマンスは良くなくなる。

紙巻き煙草だけでなく、パイプ煙草も葉巻も増税という話になりそうだ。それでも、味とコストのバランスがよりとれているのは、安価な葉巻かパイプ煙草かと思う。

ちょうど一昨日、紙巻きたばこも葉巻も切れたので、パイプ煙草に絞ってみることにした。

パイプ煙草については、ずっと前に挑戦してみたことがあったのだが、吸い方にコツがいるため、めんどうくさくすぐにやめてしまっていた。今回それに再挑戦と言うわけだ。

で、2日間試してみて、吸い方のコツが分かったようで、かなりおいしく感じている。長時間吸えるし、パイプという道具を扱う楽しみもあるためなかなかに趣向が良いものに思えてきた。

パイプ煙草について感想を述べたい。個別と全体について。

パイプ煙草全体について

一番問題にすべきは味だろう。まず、紙巻きたばこと比べてどうか。問題なくおいしい。紙巻き煙草をいくつも試してきたが、パイプ煙草の方がより芳醇で、深く、濃く、吸い応えがある。種類も豊富なので、退屈はしなそうだと思っている。そりゃそうだ、紙巻き煙草はほとんど日本だけを対象としているが、パイプ煙草の品作りは世界を対象にして行われているし、歴史も深い。

次に問題にすべきは、葉巻との差だ。これが問題なのだが、葉巻には及ばない。遠く及ばないとは言わないが、やはり確実に及ばない。これがちょっと残念だった。とはいえ、まだパイプ煙草を始めたばかりであり経験の問題かもしれないし、私のスキルの問題かもしれない。今あるものを吸い終わったら、ヴァージニア葉がほとんどというもの(フォーマー・バーズアイフレイク)を試してみようと思っている。よりたばこたばこした味が楽しめるのではないかと楽しみでもある。

いずれにせよ経験不足は間違いないので、これから楽しみながら経験を積んでいきたいと思っている。

感想:ダンヒル マイミクスチャー965(Dunhill My Mixture 965)について

定番と言われるし、最高ともいわれる。プレミアムシガーのような香りとも評されているが、たぶんプレミアムシガーを吸ったことが無い人が言ってるんじゃないだろうか。私には、全くわからなかった。これが葉巻の香りなら、私はたぶん紙巻き煙草(ダビドフクラシックorダビドフマグナム)でいいやと思っていたと思う。

いきなり酷評だが、では、まずいのか? いや、とても旨い。さすが、最高と評されるだけあって、非常に旨い。とりあえず、これがあればパイプ煙草を続けて行けそうだと思っている。

ラタキア葉は、初めてでかなり特徴的な香り(におい、と言っても良い)だ。この香りは葉巻ではなかなか味わえないだろう。土臭いとも言われるタバカレラ(葉巻)でも、もっと上品な香りだ。ラタキア葉の荒々しい香りは、パイプたばこならではでしょう。

この荒々しく雑多なラタキア葉をベースに、ここまでまとまった味のブレンドなのがまた素晴らしい。おそらく、この煙草はパイプを続ける限り常にストックしていることになるだろう。

感想:飛鳥

日本産ではなく、デンマーク産になって味が落ちたとのこと。結構旨い。だが、上記ダンヒル マイミクスチャー965ほどではない。同じラタキア葉ベースで、ダンヒルよりも完成度が落ちるので、結局ダンヒルで良いということになる。また、燃焼の安定度もダンヒルに劣る。残りを吸うのが苦痛と言うほどではないが、次に買う動機は湧いてこない。

感想:アンホーラ フルアロマ(AMPHORA FULL AROMA)

一番売れているパイプ煙草と言うことで買ってみた。パッケージデザインから連想できるように、パッケージを開けるとまるで紅茶のような良い香りがする。喫味となると、良い香りはやや抑えられて煙草としてバランスの良い香りになる。バランスがとれていて、スマートな香り。一番売れている理由がよく分かる。

これから試したいパイプ煙草

「Take it easy」「Davidoff Roiyalty Mixture」「Blue Note」「Former Bird’s Eye Flake」

sazaby_img2趣味をずっと探している。趣味と言えるほどのものでもないが、ちょっとガンプラを組み立てるのを趣味的なものにしようかなと思い始めた。

プラモデルを「組み立てる行為そのもの」が、「時間を切り取られる」という感覚に近い集中をさせてくれる。そして、その集中の後で、できあがったリアルな立体物を見て、軽い達成感と満足を得られる。それら一連の流れでリフレッシュできる。

週末の休みは2日と短い。短いから、自分の将来に向けた勉強やら作業やらを集中して行いたいし、行うことに努めてきた。

だが、ずっとリフレッシュしないままに、仕事・努力・作業・勉強・仕事・努力…などとずっとやってくると鬱になってくる。さらには、昨今の不況の余波を受け、仕事自体も鬱になってくると事態は深刻だ。

今まで日常で楽しみと言えるものは、昼ご飯とタバコ・葉巻くらいだった。何か「時間を切り取られるような」夢中になれるモノを探していたが、全然見つからない。

そこで、緊急避難的ではあるが、ガンプラに時間とお金を投資することにした。

20代だというのに、ガンダムが好きなマニアな私。

今までも、ガンプラにちょいちょい(3年に1体くらい)手を出して組み立てていた。

もっぱら、MG(マスターグレード)シリーズ[1/100サイズ、完成度と値段が高い、組み立てにもそれなりに時間がかかる]を組み立てていたが、今回、HGUCのサザビーを組み立ててみた。

サザビーは、一番好きな機体であるにも関わらず、MGキットの評価は芳しくなく、評価が高い(うえにMGに比べると安い)HGUCを組み立ててみた。

sazaby_img1

これが、なかなかかっちょいい完成品。MGとくらべるとちっちゃいが、これはこれで手軽で良い。

サザビーの次に好きな機体のリ・ガズィもMGキットが微妙でHGUCの評価が高い。次は、リ・ガズィかな。

以下、私的買い物予定リスト

 

 

 

セガ・チュンソフト発の、サウンドノベルゲーム『428』をバースディプレゼントしてもらった。買おうかどうか迷っていたのだが、思わぬ形で手に入った。プレゼントしてくれた人に感謝感謝。

この『428』について語るとき、やはり不朽の名作サウンドノベル『街~運命の交差点~』を語らざるを得ない。私は、以前借りてやったのだが、この『428』クリア後、もう一度やりたくなってたまらず購入した。(2600円した。やってみるとかなりの低解像度でびっくりした。PS1ってこんなものだったのか)

『428』と『街』の特徴は、サウンドノベルでありながら、単純な肢の選択のみで終わりではないということ。マルチフラグメントシステムといったり、ザッピングシステムといったりもするシステムがそれだ。複数の主人公のそれぞれの物語が、一つの舞台一つの時間軸で展開され、そしてそれが複雑に絡み合う。ある主人公の話が途中で立ち入り禁止になり、その話と絡み合う主人公の話の中のフラグを見つけ、立ち入り禁止を解除するという流れだ。

このシステムにより、単純に平行する物語を読み進めていくだけでなく、複雑に絡み合う物語を時間軸を含めた立体的なものとして把握することができる(しなければならない)。この場面では、この主人公はこう考え、こう行動していたという複数の視点で物語を楽しむことができるという複雑さに加えて、複雑に絡み合うが故に、一人の主人公の何気ない選択が、違う主人公の運命を大きく変えてしまう。(このような複雑な仕組みではあるが、操作としては非常に単純で、『428』の場合にはリモコン一つで完結している。)

すべての主人公を次の時間軸へ進めるために、適切な選択を追求し、運命の不可思議さを堪能できる。それぞれの主人公の立場や背景、人間性を無意識のうちに比較して把握することで、より深くその人の想いや台詞の意味を感じることができ、物語にも説得力が生まれる。そこに感情移入していくのだ。

この仕組みを実現し、それが名作になるためには、物語自体がよいものであることはもちろん、演出に一部の無駄も無いことが必要となる。そこにこのシステムの危うさがある。多くのゲーマーや制作者は、それに直感的に気づいている。だから、『街』は演出・ビジュアル面に多くの予算が投じられ、ユーザーは購入を敬遠した。おかげで、『街』は、後に着いた評価とは裏腹に予算の回収ができないという事態に陥ったのである。

一つ幸運だったのは、『街』は、名作とされたことだ。それも、ファミ通誌上もネット上の評価も、である。売り上げがさんざんだったにも関わらず、評価は常にトップだった。その点をみるに、サウンドノベル+ザッピングシステム+実写による演出は、ゲームとしては完成されていたということだろう。

同様の賭けを『428』でも行う。予算回収できるのか?という疑問符がネット上ではだいぶ出回っているが、そこらへんは不明確である。他方で、多くのユーザーが心配したのは、予算を抑えることによる駄作化である。正直、演出がダメなサウンドノベルは、わざわざサウンドノベルにする意味が無く、やり終えた後にこれでもかと言うほどそのゲームのイメージは悪くなる。小説で良いじゃんというつっこみとともにそのソフトはどこかに追いやられることになる。

では、『428』はどうだったのか。これがまたおもしろいのだ。『街』よりも完成されたシステム・グラフィックであることは間違いない。シナリオも、『街』ほどのコミカルさは無いが、それでも時にコミカルに、またシリアスに無理無く一つの線に物語がまとまっていく。『街』では、よく似た二人の主人公の話が途中で終わったりしていき、なんとなく話の線が細くなっていくが、『428』では、途中でエンドになる主人公も話しに絡んでくるし、また話の線が細くならないように、ごにょごにょだったりする。

『街』ゆずりのバッドエンドの多彩な内容もおもしろい。バッドエンドの中には、実に晴れやかな顔をしている主人公もいたりして、「バッド」じゃなかったりもするのもまたおもしろい。

全作『街』では、キャストとして、竜雷太・ダンカン・窪塚洋介・中越典子・お笑いコンビ「北陽」のツッコミ役の伊藤さんなど、なかなかの顔ぶれだった。今回のキャスト的には知らない方ばかりだったが、すべて納得のキャストだった。唯一、(本編ではないという点で)須賀健太君はちょっと贅沢だったようにも思う。(大塚明夫さんも違和感なかった。ボーナスシナリオで声優やってたのはびっくりした)

ボーナスシナリオの『カナン』編は、TYPE-MOONという有名なグループ?担当らしい。私は楽しめたが、賛否両論のようにも思う。単純にゲーム作品としてみる場合、アニメ画になった理由としては、カナンやアルファルドは非日常的な存在でアニメ画でも成立すると考えた点や、実写で描く場合の予算も多そうだというあたりが、アニメ画になった理由だろうか。その他、広告戦略などの要素を考慮すると、いろいろと複雑そうだ。

アニメによって描かれているという点や、シナリオの非現実感、声優起用によるメインシナリオとの乖離(イメージ面・テンポ面)が、残念だった。単品作品としてみたら、十分なサウンドノベル?ではないだろうか。

特典DVDもなかなかボリュームがあって楽しめた。ただ、ネタバレがある点や、キャラのイメージが崩れる場合もあるので、プレイ後に見ることを強くおすすめする。

また、さまざまな条件でクリア後に発生する隠しシナリオも見逃せない。本編では、嫌な奴だった堅い顔したアイツも、実は猫のかわいさにめろめろで、猫に「かわいすぎる!」とか言ったりして、笑えた。

しかし、おもしろかったな。