先日、米Microsoftは、PC向け基本ソフト(OS)である「Windows」の最新バージョン、「Windows Vista」を今年中にリリースすると発表した。

すなわち、現在、主流である「Windows XP」は、過去のものになり、Micorosoftの主サポート、アプリケーション開発の主ターゲットもVistaへと移行することになる。
私としては、Vistaへメインストリームが移行しても何の問題もない。というより、私は、Windows 2000からXPへのメインストリームの移行時から、そう思っているし、実際、困っていない。

ブラウザは、FirefoxもしくはGrani、メーラーは秀丸メール、エディタは秀丸(+ATOK)、ミュージックプレイヤーは、foobar、ファイアーウォールは、Kerio、…どれをみても、Windows 2000でも問題なく動作する。
さらにいえば、これらのなかで、こだわりがあるものはそれほど無く、たとえば、メーラーのメインをThunderBirdに移行しても(使いづらくはなるだろうが)問題はなく、ミュージックプレイヤーについても、自分のライブラリは、すべてmp3で保存しているため、どんな環境でも再生できることを考えれば、なんでもいい。エディタとIME(ATOK)くらいか、違って困るのは。

2000からXPへのメインストリーム移行時から、ずっと悩んでいることがある。
それは、永久に2000を使い続けるというのはどうも無理そうだ、ということだ。
いまだに、2000を使い続ける人は、多数いるので、Micorosoftの公式サポートが無くなろうとも、周辺機器やアプリケーションの2000へ対応は、まだまだ続くだろう。
それゆえ、2000を使い続けることには何の問題もないかのようにも思える。

しかし、やはり新しい物好きなので、あたらしい周辺機器を買ったり、あたらしいアプリケーションをインストールしてみようとしたとき、既に、2000よりもXPの方がよりよく対応されているという事実に直面しているのである。
その「よりよい対応」というのは、ほんのちょっとの差ではあるが、これが年を経るごとに、大きくなることが予想され、2000を使い続けることには、どうしても不安を覚えざるを得ないのだ。

ずっと悩んでいて、他のOSへの移行を考えていた。
まだ悩んでいる。

まず、王道として、Vistaへ移行するという道がある。
ただ、これには、大きな問題として、私のPCのハードウェアスペックだと、厳しいものがあるという点がある。
最新ベータを入れてみたが、やはり厳しいものがあった。
さらに、Vistaのセキュリティ機能やら管理機能やらが、はてしなくうざいという点がある。
これには我慢できそうにない。XPでさえ、我慢しながら使っているのに、これいじょううざいなんて想像したくもない。

というわけで、Vistaへ、自分のメインの環境を移すことはおそらく無い。
といいたいところだが、やはり、今あるものをそのまま移すことが出来、ほとんどすべての周辺機器、アプリケーションが動作する「Windows」からは、離れられない。離れるわけに行かない場合もある。
やはり、王道は、あくまで王道だということだろう。新しいPCを買うなら付いてくるわけだし、結局それになってしまうのか。

次に考えたのが、やはり、Linuxへの移行だ。
ディストリビューションは、Debianを使用してみた。かなり楽しめたが、メインの環境となると悩ましい点がいくつもある。

まずハードウェアサポートが、Windowsに比べて圧倒的に貧弱という点だ。
特に、5ボタンマウス、プリンタ、W-ZERO3[es]のサポートが無いに等しい点がメインに据えられない理由として大きい。

マウスは、がんばれば使えるようになるそうだからいいとして、プリンタの利用ができない点とW-ZERO3[es]との同期ができない点は大きい。

が、それ以外は、ほとんど不満がない。
カスタマイズの自由性、思想、ありとあらゆる自由、コミュニティの魅力、おもしろさ、これからのLinuxへの期待ができる点など明るい点が多い。
OpenOfficeは、十分の出来だし、Windowsにあるソフトよりも優秀なソフトも多い。
何より、無料であることも大きい。

上の3点さえ、解決できれば、今すぐメインに据えたい。が、これが解決されるのはいつだろう。。
ひょっとしたら、Fedora Coreなら解決できるかもしれないので、今度は、Fedoraを試してみるつもりだ。yumもあるし。

ここからは、考えただけだが、Macへの移行と、全くマイナーなOSへの移行だ。

Macへの移行は、BootCampが無ければ考えなかったかもしれない。
しかし、BootCampをのぞいて考えても、Macへの移行は現実的な選択肢のような気もする。
おそらく、Macへの移行が最もメジャーな移行となるのではないか。
美しいインターフェイス、特にフォントは、メイリオよりも素晴らしい。
Officeもあるし、最近のトレンドに追従できるiTunes、SpotLightなどなどがあり、おもしろそうでもある。

全くマイナーなOSとは、ReactOS、TRON、OS/2などなどであるが、やはり、どれも実用性が今ひとつだ。

このように、結局迷い続けており、今の状態+W-ZERO3で、ほとんどの処理をこなせてしまっている。
悩ましい。でも、やっぱり、Vistaやだなぁ。

2007年新作バインダ購入者対象キャンペーン情報

というわけで、フランクリンプランナー用のバインダーに、新作が加わりました。
ビジネス向けから、カジュアルなもの、男性向け、女性向けなど、さらにラインナップが充実したように思います。

なんか、まるっきり宣伝文句な出だし…まあいいか。

コードバンよりも高級なバインダー「チェルケス・オートイユ」が出たことが、一番注目すべきでしょうか。
私的には、よりリーズナブルなビジネスマン向けのスタンダードなバインダーが拡充されたことが嬉しい点です。(ビジネス・エグゼグティブ(ディアカーフ) ビジネス・エグゼクティブ(コレクティドグレイン)ビジネス・スタンダード(ポニースキン)ビジネス・スタンダード(バリスティックナイロン) ビジネス・スタンダード(オイルレザー) など)

でも、私は、やっぱりイタリアンカーフかな。そろそろ買わなきゃな。

先日、母親が事故にあった。
幸い、母には怪我はほとんどなく、相手方も骨折で済んだ。

相手方は、無免許、スピード違反(原付で60キロオーバー)、事故後の逃走行為という本当に救いようのない未成年だった。
この子にしてこの親ありというような親で、こっちも救いようがない人だった。

本当に、どうしようもない行為で、こちらが傷つき、ただ我慢するのみでは、納得できないため、全力で動いた。
動いて、考えて、折衝して、保険屋とも話し合い、まとめて、考えて、まだ総括できずにいる。

結局、自分の無力を痛感しただけだった。
自分でしたことが、どれほど有効だったのか、まだわからない。
しかし、たとえ有効だったとしても、事前に効果がわからない行動など、意味は無いように思う。

また、法の無力も痛感した。社会の無力も。
そもそも、親の適切な看護を期待することを前提とする少年法は意味がない。
そして、さらに、親を裁くことのできない少年法は意味がない。
結局、被害者の感情は、現場の職員が考慮するだけで、法律の段階では無視されているに等しい。
勝手な推測だが、この少年は、また同じようなことをやるだろう。
それが、また、同じような心の傷を生み出すのだ。

私は、確実かつ適切なスキルを身につけたい。
法律だけではない。法律を知って、使いこなせて、それがいったい何の役に立つのだ。結局、その人の生き方、学び方、そのすべてに、法律の知識が乗っているにすぎない。

私は、確実かつ適切なスキルを身につけたい。
法律を学ぶ課程で、それだけは忘れないようにしようと自分に誓う。
また、法律を学ぶことなど、一つの、それも膨大な全体のうちのたった一つの、過程にすぎないことも忘れないようにしようと誓う。

法律など、結局、その社会を構成する人間の写し鏡だ。
人が変わらなければ、政治が変わらないのと同様に、法も変わらない。
私に、人を変えることなど、少なくとも今のところできない。
だから、自分を変えていくしかない。自分で納得できる自分に。

それが、今回学んだ教訓。