パイプに関するエントリーを先日載せた(→「パイプたばこ」を「葉巻」や「紙巻きたばこ」と比較してみる | Lunarian’s Blog)。

その中で、パイプの欠点としてあげた「着火具に困る」という点について書いてみたい。

パイプは、紙巻きや葉巻と違って、着火する部分を火の上に持ってくることができない。最低限、火を横向きか、下向きにしてつけることが必要になる。
とりあえず、横向きになれば吸い込み口から吸い込むことで空気と一緒に火の向きを変え、着火することができるのである。

通常のライターでやろうとすると、ライター次第かもしれないが、火傷してしまう。私が不器用なせいもあると思うが、とりあえず着火に手間取ることには間違いが無く、めんどくさがりの私的には改善したくてしょうがない。

というわけで、パイプの着火には、火が出る部分が長い棒の先になっているいわゆる「チャッカマン©」の類か、マッチ、もしくはパイプ用ライターということになる。

チャッカマンについて

チャッカマンは、非常に便利で、パイプへの着火にも火傷することなく着実につけることができる。しかし、持ち歩きには不便だし、コストが高くついてしまう。この点、ダイソーなどに実は多種多様なチャッカマンもどきが売っていることに今日気がついた。あんなにいっぱいあったとは。しかも、チャッカマンもどき的なものだけでなく、通常の100円ライターから棒がにょきっと伸びているようなヤツまであり、持ち運び制も優れているかもしれないとおもわせるものまであった。これは試してみる価値があるかもしれない。ただ、チャッカマンおよびチャッカマンもどきは、使い終わったら燃えないゴミか危険物なので、ゴミ捨てが面倒な点が問題。

マッチについて

次に、マッチ。これもパイプへの着火のしやすさという点で見ると非常に便利。でも、意外に売っていない。近所の薬局でやっと見つかったのだけれど、近所のホームセンターで見あたらなかったのにはびっくりした。(探せてなかっただけかもしれないけれど、普通線香と一緒に置いてない?)
あとは、マッチ火薬独特の臭いと木の棒がゴミとして出てしまう点がちょっと問題と言えば問題。マッチ火薬独特の臭いについては、マッチを擦って火をつけた後、しばらく立ってから煙草に火をつければよいのだけれど、ゴミがでてしまうのはちょっといやだ。コスト的にはチャッカマンよりもだいぶ優秀だけれど、チャッカマンもどきと比べたらどっちが上だろうか。

で、もうしょうがないから、パイプ用ライターを買うことにした。というか、今まで適当なライターばかり使ってきたけど、ちゃんと適当なライターを使うのもよいかなと思えてきた。パイプ用にも葉巻にも紙巻き煙草にも使えて、長く使えるガスライター(オイルライターは臭いがだめ)を探してみた。ついでにいうと、飽きっぽい性格なので、なるべく飽きがこないシンプルなデザインで、ZIPPOのように火を着けたらボタンを押し続けなくてもふたをとじるまで火が消えないヤツ。

あった。これだ。

SAROME サロメ ライター PSD9-07 ニッケルサテーナー — 世界のお酒&葉巻の専門店

というわけで、注文してみた。
届いたら、ブログにて写真付きでレビューする予定。

参考リンク

パイプを本格的に始めて(再開して)から、1週間になろうとしている。
かなりなれてきて、パイプたばこに依存してきているから驚き。
パイプに慣れたい人は、とにかくパイプ煙草だけ喫んでみるといいと思う。パイプに慣れるまでは、葉巻も紙巻きも禁止にする。そうすると、パイプに集中できるのではないか。
慣れてきたので、パイプの利点・欠点を思いつく限り述べてみたいと思う。
とはいえ、かなりパイプたばこを気に入っているヤツが言うことなので、そこは差し引いて読んでほしい。やっぱり、その人との相性、合う・合わないはあると思うから。

パイプの利点

・利点その1.旨い

紙巻き煙草と比べても、葉巻と比べても、パイプが旨いことはもはや私には疑いようがない。世界的に流通しているパイプ煙草の質が良いことはもちろんだが、喫煙具としてパイプは合理的だ。

煙はクールな方がおいしい。その点で、パイプは合理的だ。火が風に直接触れる面が少ないし、煙道が煙を冷やすのだ。
葉巻は、灰がクーリングの役割を果たすが、紙巻きは火が風に直接触れることはもとより燃焼剤が入っておりその点で非合理的だ。

煙がクールなことは、味だけでなく口腔内や気道に与える影響も少ないということになり、健康的でもある。喫煙の話で健康というのもおかしい話かもしれないが。

 

・利点その2.灰が落ちない

葉巻よりも、紙巻きよりもパイプが優れている点はここである。すばらしく快適で、何かをしながら喫煙したいときはパイプがもっとも優れた選択肢になるだろう。

 

・利点その3.安い

高い葉巻と比べればという話にもなってしまうが、パイプ煙草は安い。持ち時間も長いのでよりお得に思える。輸入元にもよるが、海外との価格差が小さいのもいい。

 

・利点その4.種類が十分に豊富

パイプ煙草は、歴史も深く世界市場で揉まれてもいるので、より優れたものが生まれやすいだろう。これからいろいろな種類を試す楽しみがある。また、パイプ自体にも種類があり、組み合わせによって味わいも異なるとのことだ。

 

・利点その5.煙が、重く少ない

紙巻き煙草のように軽くなく、部屋中のどこにでも広がらないように思える。その分、香りは強いともいえるが。

 

パイプの欠点

・欠点その1.手間がかかる

入門から、たばこ葉の詰め込み、パイプの掃除まで手間がかかることは否めない。

 

・欠点その2.着火具を選ぶ

マッチか、チャッカマンか、パイプ用ライターを購入する必要があるだろう。通常のライターだと手を火傷するか、うまく着火できず不愉快である。

 

・欠点その3.場所を選ぶ

持ち運びにもポーチなどが無いと困るという点を含めて場所を選ぶだろう。

 

・欠点その4.どこにでも売っていない

まぁ、ネットで買えばよいのだけれど。コンビニには売ってない。在庫管理(?)をきちんとしないといけない。

 

・欠点その5.凝り出すと泥沼

パイプは、パイプ周りの道具やら葉っぱやらがたくさんあって、凝り出すと泥沼にはまりかねない。それが望みの人には、利点だけど。

 
 

こんなかんじになりました。

 

パイプ煙草についてのサイトリンク

 

パイプ煙草を売っているネットショップリンク