USB無線LANアダプタの問題点

無線LANアダプタを利用しているととにかく接続が切れる。5GHz帯のaでも切れる。

私が使っている環境、アダプタが悪いのかもしれないですが、USB無線LANアダプタ自体の問題点もあるような気がする。原因として考えられるのは、以下の数点。

  • USB接続なので出力が弱い
  • USB電源への出力安定度が弱い
  • CPU占有率がUSBに割り当てられないくらいになると切れる

どちらかというとUSBというインターフェースの問題ですが、ちょっといちいち接続が切れるのがいい加減我慢できなくなってきたので、イーサネットコンバータに変えようと思っています。

イーサネットコンバータに変える理由

ケーブル接続でも良いのですが、長いLANケーブルもまぁまぁ高いので、イーサネットコンバータでいいかと思った次第です。それ以外にも以下の理由があります。

  • 外部電源なので電源は安定している
  • 外部電源なので出力もまぁまぁ強い(と思われる)
  • PCのCPU占有率関係ない
  • 有線LAN接続となり、Linuxでもネット接続が容易

あんまりたいした理由がない…

ぶっちゃけ、Linuxに移行したいからだったりします。UbuntuだとGoogle Chromeが普通に使えますし、正直OSとしてはWindows XPより新しいわけで。アプリケーションも、現在はほとんどWebアプリに移行してますし、Linuxの方がフォントの描画が綺麗だし、なんかもういいかなと思ったりしてます。

もうWindowsにこだわる理由といえば、秀丸、ATOK、iTunes(Nike+)くらいになってしまっていて、もうWindows 7もいいかなと。ノートPCならハイバネーションや省電力関連で問題ありそうだけど、デスクトップならあんまり関係ないし。

最近、Ubuntuさようなら的な話もありますが、いや~、Debianのpotatoとかで苦しんでたあのころを思い出すと、今のUbuntuは快適そのものです。IMEのibusがダメ?いや~、uimとか無かった時代いろいろめんどかったし、AnthyとかMS-IMEよりむかつくこと少ないし。

まぁ、とにかくいろいろ遊べそうなので楽しみにしています。

 

今回購入予定の商品



WLI-TX4-G BAFFALO イーサネットコンバータ

イーサネットコンバータは、商品の種類が少なくメーカーも少ない。その上、値段が高い。一番コストパフォーマンスが良さそうなのがこれだった。

はじめに

わたしは良く後ろ向きになってしまうのです。鬱な状態とでも申しましょうか。そんなときどうするかについて、いくつかの手段を覚え書きしておきます。

1.何もかもを書き出す

とにかく手を動かして「書く」ことで、脳をすっきりさせ思考を始めさせることが重要と考えます。海馬―脳は疲れない (新潮文庫)という本によれば、手を動かすことで脳が働くことが確認されているようですし、私個人としても、手を動かして書きながら考えていくとスムーズに考えが流れていったり整理されていくことを実感しています。

何を書き出すかについては、その時の状況によります。何に悩んでいるのかわからなければ、悩んでいそうなことを列挙して書き出す。どうしたいのかがわからなければ、一つ一つやりたいことをちいさなことから列挙して書き出す。とにかく大事なことは、細かいことでも何でも書くという事です。

書きながら考えながら、思いついたことや気付いたことがあれば、それも書いていく。そこである程度書き尽くすと、頭の中が整理され問題点が浮き彫りになる。そこを足がかりにして前に進んでいく。それがまず1つめの手段です。

2.寝る

単純明快ですが、寝るのは非常に有効な手段だと思います。脳の中の記憶整理は寝ている間に行われますし、ストレスの解消にもなります。

もちろん、眠れない場合にはこの手段は使えませんし、眠ることで「何もしないで寝るオレだめだ…」とかネガティブな方向に行ってしまうのであればつかえない手段です。

3.名言集を読む・見る

名言集であれば何でも良いので、それを読む・見るという手段です。これについては、インターネット上でいくらでも出てきますし、Youtubeなどを見てもまとめられた動画があります。

4.自己啓発本を読む

それなりに評価の高い自己啓発本であれば、何でも良いので読む。私個人は、単純な脳みそで出来ているのでやる気が出ますし、そこから何かを吸収できているのではないかと思っています。

この手段については、読む時間がかかりますし、本が無ければ借りに行くか買いに行かなければなりません。これらの手間はたいしたことはありませんが、出来ないのであれば「上記3.名言集を読む・見る」でも、代用ができると思います。

まだ読んだことがなければ、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」がおすすめです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 113
おすすめ度の平均: 4.0

3 自己啓発本を購入する人
4 比較優位の能力法則 “就活生・人事担当者におススメ”
3 ストレングスファインダーって・・
5 自分を知るためのツールとして
3 自己分析に

4.思いっきり笑う

笑うことは重要です。今はYoutubeやニコ動などで、笑える動画はいくらでもあります。重要なのは、思いっきりという部分です。

どの点でもそうなのですが、自分を責めるのは御法度です。自分を責めるのは癖になりますし、脱出不可能なスパイラルに陥る恐れがあります。なんでもそうですが、前向きになることで解決することが非常に多いです。もちろん、前向きになってもどうにもならないことはありますが、自分を前向きにさせるという事に関してはそうではありません。自分の気持ちの持ちようです。ただ、その持ちようが自然の状態では無理をしなければ前向きにならない。そういうときにここで列挙したような手段の力を借りようという事です。

笑う手段は、次の「5.思う存分、現実逃避をする」とほとんど意味合いは同じです。ただ、時間的コスト的な部分で笑うについては、動画サイトに違法・合法含めて多数のコンテンツがあり、コストパフォーマンスが高い手段に思うので別項目とします。

5.時間を区切って思う存分、現実逃避をする

いろいろと手段はあると思いますが、もうどうにもならなければ、思いっきり遊ぶなりしてすっきりとした気分になることも一つの手段になると思います。しかし、現実逃避が例えば「Webブラウズ」の場合、とりとめもなく現実逃避が続いてしまうので、時間を区切るか、時間が区切られた現実逃避をすると良いのではないかと思います。例えば、漫画喫茶で3時間パックを利用するなどです。

この点についても同じく、自分を責めるのは御法度です。

5.楽しみな予定を入れる

効果として大きいかどうかについては、その予定、その人の考え方次第ですが、一つの手段です。

また、できればパワーをもらえる予定を入れた方が良いでしょう。好きなアーティストのLIVEに行ったり、かならずパワーや笑顔をくれる友人に会うなどです。

また、そこまで行かなくとも人によっては小さな事でも良いはずです。夜には酒をやるとか、ゲームをやるとか、映画を見に行くとかそこら辺でも良いはずです。

6.とにかくやる

なにかをやらなければならないとき、やる気がどうしてもわかなくて出来ないときがあると思います。私なんかしょっちゅうです。

そういうときは、やる気が出るのを待つのではなく、イヤイヤでもやることです。やるとやる気が出ます。脳の仕組み的にもそういうものだそうです。

やってみて、乗ってきたら一言自分をほめることです。だって、それができるあなたは本当に凄いですから。

やってみて、できなかったら自分を責めてはいけません。だって、それ結構当たり前ですから。

そしたら、またここにあるような手段で自分を奮い立たせるのです。

おわりに

「人間は努力する限り迷うものだ」(ゲーテ)

迷っているのなら、あなたががんばっている証拠です。そんな自分すげえと自己満足でも厚顔無恥でもかまわないので褒めて、また前に進みましょう。

 
海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
池谷 裕二 糸井 重里
新潮社
売り上げランキング: 4501
おすすめ度の平均: 4.0

5 組み合わせの勝利
1 う~ん、ジャンル違うじゃん!
5 おもしろい対談。
4 脳は30歳以降、質的に変化する。
1 これは痛い

chrome logo

以前、私が、Mozilla Firefox から Google Chromeに乗り換えない5つの理由というエントリーで、私がFireFoxからChromeに乗り換えられない理由を述べた。

しかし、昨日からChromeに乗り換えることにしたのでその理由を述べてみたい。

 

1.速い

起動が速い。Pentium M 1.6GHzのThinkPad X40(SSDに換装済み)でも一瞬で起動する。もちろん、メイン環境であるデスクトップでも一瞬である。これは、後に示すようにChromeをdev版にしても、必要なExtentionをいくつか入れても同様である。

 

2.快適である

速いから快適なのではない。速いうえに快適なのだ。これは、MacOSやiPhoneのインターフェースにも学ぶところが多いだろう。操作でもたつくことがほとんどない。

 

3.拡張機能搭載でFirefoxとの差を大部分解消している

上記2つは前からわかっていたことだが、この部分が今回は大きく作用し乗り換えに至った。Chromeは、beta版 or 開発版を導入することでExtentionを利用できる。Extention自体や、利用しているExtentionについては、後述する。

・beta版の導入:こちらのリンクからダウンロード&インストール
・dev版の導入:通常版もしくはbeta版のChromeをインストール後、こちらのdev channelから、「Dev channel」をダウンロード&インストール

 

4.ブックマークレットでFirefoxとの細かい差を解消できる。

例えば、Firefoxの拡張機能で「Make Link」というものがあるが、これは、ブックマークレットで代用できる。(⇒Google Chrome で使う Make Link の代用ブックマークレットのジェネレータ : zontheworld

 

5.上記までで解消された差をもって、「あとはなんとかなる」状態になった

まだ、ChromeとFirefoxの機能の差は埋まっていない。だが、Chromeの起動の早さ、操作の快適性とトレードオフするには十分なほどに差が埋まった。

どのバージョンからかは知らないが、現在の最新dev版だと「右(左)のタブをすべて閉じる」とかも出来るようになっていて便利。あとは、Firefoxでいう「Tab Mix Plus」のようなインターフェースの好みを調整できる機能が欲しいが、これは好みの問題なので慣れれば問題ない。例えば、Chromeを利用する際、リンクを新しいバックグラウンドのタブで開いてほしいなら、「ホイールクリック」か「右クリック→新しいタブで開く」か、もしくは「Ctrl+クリック」すれば良いだけの話。タブバーでホイールスクロール出来ないのは我慢する。Firebugが無いが、最近「要素を検証する中毒」になっていたので、それを直すという意味でOK(^^;

 

6.マルチプロセスである

Chromeは、タブごとに独自のプロセスで動いており、一つのタブが落ちてもそのタブまで一緒に落ちることがない。というかその前に、Chromeの場合、メモリリークなどでブラウザが落ちることがほとんど無い。今後、Extentionの関係でそのようなことが増えることを懸念しているが、実際Extentionを入れて使ってみてもその安定性に揺るぎがない。これが開発版でこうなのだから驚嘆する。Googleは、Chrome OSなどを見ればわかるようにブラウザをもっとも大切なアプリケーションの一つで、プラットフォームでもあると捉えているだろうが、この安定性はその現れだろう。

 

 

ChromeのExtentionについて

Google Chrome Extention Gallery ロゴ

こちらで公開されています(サイトは英語です)。

Greasemonkeyについては、Chromeにデフォルトで入っているようでExtentionを入れる必要なく、そのまま「*.js」ファイルをクリックでインストールできます。(少なくとも私が入れている開発版ではできました。*.jsもExtentionの一つとしてインストールされます。)

ちなみに、使っているChromeがExtentionsに対応しているかどうかについては、右上の設定マークをクリックして、「拡張機能(E)」があれば使えるバージョンであると思われます。

以下、私が利用しているExtentionsについて記載したいと思います。

 
ブックマーク同期機能を実現するExtention。Chromeにもver.4からブックマーク同期がついたが、Chrome間のみ。Xmarksは、ChromeとFirefox間でもとれる。Firefoxも利用するのでこれを入れる。
ソーシャルブックマークサービス「Del.cio.us」用のExtention。これは公式のものではなく、しかも使い勝手が悪い。Firefox用の公式プラグインみたいにブックマークする際に「Save」ボタンがなく、マウス操作後Enterキーを押す必要がある。また、これまでのブックマークやブックマークコメントを参照できない。後述の公式はてなブックマークChrome Extentionは、できるため乗り換えようか検討中。Firefoxにもはてなのプラグインあるし。
マウスジェスチャー。「Tab Mix Plus」などでタブインターフェースの好みを調整できないので、その分をこのマウスジェスチャーで補う。Mozilla FireFoxで「Fire Gesture」とか「All in one Gesture」とかを利用していた人ならたぶんだけど違和感なく乗り換えられる。「↓→:タブを閉じる」「↑↓:ページの再読込」とか。カスタマイズも可能。
ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」用の公式Extention。前述の非公式delicious用Extentionとは違い、非常に使い勝手が良い。ただページに付けられたブックマークコメントを参照するだけでも便利。
Gmailにいちいちアクセスしなくても未読メーセージ数を表示してくれるし、ボタンを押せば新しいタブでGmailを開いてくれる。Gmailユーザーなら便利ではないか。
Firefox用のTwitterBarとはちょっと異なるが、非常に使い勝手が良い。
 

まだ残る差について

詳述はしないが、以下覚え書きとして列挙する。

 
  1. Mac版が、Leopard以降対応(Tiger未対応)
  2. Firebug
  3. タブインターフェースの好みを調整する機能が無い
  4. del.cio.usのExtentionsの使い勝手がそんなに良くない
  5. できれば、「Make Link」相当の機能はブックマークレットではなくExtentionでもっとスマートに利用したい
 

参考サイト

思いどおりの日本語入力 – Google 日本語入力

うぉおおお!?…唐突にキター!?

私は、もう大のATOK好き。MS-IMEやことえりにはなじめず、Windows+Mac版のATOKを購入していました。
JUSTSYSTEM自体の雲行きが怪しく、ATOKの先行きが若干不安だったのですが、ここでまさかのGoogleの日本語入力システムが登場。

「Web から機械的・自動的に辞書を生成」とGoogleらしいアプローチで辞書を作成しているようです。もちろん、IMEの使い勝手・完成度というのは辞書の完成度のみによるものではありませんが、Anthyやscim-skkの開発に携わっていた方も開発に参加しているようで、なかなかによさげです。

Googleという企業は、ほんとにおもしろいですね。AndroidのIMもがんがん改善していってほしいです。

このブログは、WordPressというCMSを利用して運用しています。WordPressは、非常に簡単な操作で運用ができ、デザインが優れたテンプレートが豊富、しかも細かい編集も容易に可能です。最大の特徴は、豊富なプラグインがあり、簡単に機能が拡張できる点です。CMSとしては、MovableTypeと並んで、現在もっとも有力なものといえるでしょう。

ただ、WordPressは、PHP+MySQLという構成で、他のフリーブログサービスでの採用実績がほとんど無いため、自分でサーバーを建てるか、レンタルサーバーを借りて利用するしかありません。とはいえ、無料のレンタルサーバーでMySQLを利用できるというのはほとんど無く、結局有料のレンタルサーバーを利用することになります。

私は、レンタルサーバーを利用しても、せいぜいblog、Wiki、その他HP作成、PHPの勉強くらいにしか利用しないので、そんなにハイスペックも多くの容量も必要ありません。ですので、できるだけ簡単で出来るだけ安価なレンタルサーバーを利用したいと思いました。

ただ、300MBとかそこらの容量では、WordPressをインストールした分の容量を差し引いて考えても、少々窮屈です。いろいろ考えて、1GBは最低ほしいと思いました。
また、ドメインの取得ができることと、サブドメイン(「http://blog.hogehoge.com」のblog部分)が無限に設定できることもポイントです。URLが無駄に長くなるのはあまり好きじゃないので。意外にサブドメイン取得数が制限されているレンタルサーバーがあるので驚いた記憶があります。

運用してみて一番思ったのが、サーバーレスポンスと安定性が一番大事です。

いろいろ検討した結果、XSERVER(エックスサーバー)のX10プラン(月1,050円)を利用することにしました。8ヶ月ほど運用してみて、非常に満足しています。

満足ポイントは、いかのようなものです。

  • レスポンス・安定性まったく文句なし。っていうか、レスポンス速い。FTP時の快適性が無料のレンタルサーバーとは全く違う次元です。
  • WordPressの自動インストールに対応。FTPやコマンドライン、設定ファイルの編集など必要なく、PHPとDBの設定をして、管理メニューから自動インストールを選ぶだけ。
  • 容量が、十分な5GB(X10プランの場合)
  • データベースが、5つまで利用可能(X10プランの場合)
  • サブドメインの利用数制限数なし
  • マルチドメインも利用制限数なし

SSHが使えないなどの点で、不満を覚える方もいるかもしれませんが、同価格帯のレンタルサーバーに比べれば、抜群に機能が豊富で、レスポンスも速く、正直全く乗り換えようとも思いません。

WordPressの他にも、Movable Type Open Source、Xoops Cube、osCommerce 日本語版、Zen Cart 日本語版、PukiWikiの自動インストールに対応しています。自動インストールに対応していないものでも、インストールが可能なものがあります。私が一つ試したのは、EC-CUBEですが、問題なく動作しました。

欠点として、ドメイン取得料金が少し高いことです。業界平均からすれば安い方であるのですが、最安ではないです。外部ドメインを利用したこともできるようですが、私は利用したことが無いのでどのような使い勝手なのかちょっとわからないです。

どうやら、XSERVERでは容量の増加とサーバーの増強を行うようで、X10プランでも容量が倍増し10GBになるようです。(⇒参考リンク:ニュース | レンタルサーバー 低価格で最高クラスのエックスサーバー)とりあえず、レスポンスと容量に関してはコスト比で最強のレンタルサーバーであるように思います。おすすめです。





XserverのHPで内容を見てみる