最近、もっぱらHTML/CSS/JS/PHPを利用して、サイトを作成したり、リニューアルしたり、管理画面を作ったり、コンテンツを作ったりという仕事が多いです。仕事場でも家でもそんな仕事をしています。

そんな中で、ある程度の量のWebコンテンツページを作成していく際に、効率的に作成できる思考過程を簡単にまとめたいと思います。とはいえ、あくまで自分用です。

1.最初の段階

最初からいきなり描き始めて良いのは、1ページで完結するようなコンテンツくらい。私の場合、それ以上の分量のコンテンツだと破綻したり取りこぼしたりする。

まずは、漠然としたイメージを作る。そして、完成形というか、どの程度のレベルのコンテンツを作るのかを検討する。
ここでいう「レベル」は、「プロが作成した集客(CV)を前提にしたコンテンツ」とか「ブログの閲覧数を増やしたいコンテンツ」とか、そういうコンテンツに必要とされる完成度を指す。

この段階を満たすためには、ライバルサイトがあるならまずそれらを片っ端から参照する。また書籍などがあれば、それらも合わせて通読していく。

2.コンテンツに何が必要かを決める

全体像を設定する。目的とレベルが明確になっていて、そのコンテンツについてそれなりの知識がついたら、そのコンテンツの目的に合わせて、「これについての記述は必要か不要か」の区別が付くはず。

そこで、自分のサイトコンテンツに、「何が必要か」をまずピックアップしてまとめる。書籍で言うと、目次を最初に作るイメージ。

こうすることで、サイトコンテンツの全体像を把握できるし、完成形をより具体的にイメージすることが出来る。
この段階では個別のコンテンツについて深くは突っ込んで書かない。書いてもポイントだけ。

この段階で内容を書かずに、「何を書くのかを明確にした上で、全体像を把握しているという状態」を作り出すのが重要。この状態でしばらく通勤時間やトイレなどの時間に考えたりすることで、思考がより深く「ポイント」となる部分をえぐり出せる。

3.コンテンツを埋める

前回までの段階で作成した目次・ポイントまとめに従って、個別のコンテンツを埋めていく。

という感じで進めていくと、私の場合、効率的かつ頭のメモリーと時間を無駄に使うこと無く作成ができます。