高校時代の同級生の結婚式で、同級生数人と久しぶりに会う。
みんなそれぞれキャラクターや癖は変わらないが、少しずつ感覚的なズレを感じている。

それぞれの立場で、それぞれの人生を、それぞれの価値観や考え方で判断してきたのだからそれは当然だ。
そう考えれば、小さくて気にしなくても良いほどのズレだが、そのズレが年々大きくなっていくことを感じる。
自分だけが変わったのかもしれないとも思うけれど、そうでは無い気もする。

ズレが悪いとかではない。それは当然のことで、変化というよりも現象だろう。
ただちょっと気持ちが暗くなる。昨日はそんな夜だった。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です