旅行の写真を飾る|デジタルフォトフレーム


autumn1.jpgautumn2.jpg

旅行に行った。なかなかの秋の景色だった。
上の写真は、「天狗の庭」といわれる場所の近く、なんとかスカイライン?で撮った写真。
カメラは、PENTAX K100D(18~55のキットレンズ)。カメラが良いのか、腕が良いのか、景色が良いのか、なかなか満足のいく写真だった。
ほかにもたくさん写真をとった。写真を撮りに旅行に行くようなものだったり。

いつも旅行に行って写真をたくさん撮ってくるが、その写真をどうやって楽しむかには今だに公式がない。
家庭のプリンタでプリントする。写真屋でプリントする。コンビニでプリントする。PCに入れて画面で楽しむ。アルバムに入れる。写真立てに入れる。

しかし、いずれもコストがかかるし、デジカメのように大量に写真を撮っても大丈夫になり、全部プリントするとなるとそれなりにコストも手間もかかる。
そんな大量写真時代に適した写真の楽しみ方が、最近盛り上がってきたデジタルフォトフレームだ。

そんなわけで、うちの親が一つ買った。選んだ基準は一番安いから。
以下の写真が、飾ってみた一例。(トランセンド製「T.photo710」)

digiphoto1.jpgdigiphoto2.jpg

上記の写真の例のように、カレンダー・時計を表示させながら写真を飾ることもできる。写真を液晶全面に表示させることもでき、スライドショーにも出来る。
安い割になかなか液晶がきれいだ。新型もすでに出ているが、この旧型でも十分きれいだ。コンデジや携帯などにはこれで十分だろう。あとは、フレームのデザインや機能で選ぶのが良いように思う。

国産のものは、ソニーのものが人気のようだが、トランセンド製に比べ高価で、それほど多く売れている印象がない。以下に、楽天のアフィリエイトリンクを張っておくので参考にしてみてほしい。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です