葉巻海外通販:「cigarone.com」を試してみた。



cigarone.com・ロゴ
(cigarone.comのサイトへ/別ウインドウで開きます)

円高がすごい。リーマンショック以来、円は、対ドルで100円を切り、90円までになった。(09/05/06現在は、100円弱)
葉巻類の個人輸入時の関税に関しては、購入金額の6掛けが1万円以下ならば、非課税となる。すなわち、合計金額が16,666円以下ならば非課税となるようだ。(関税はこの通りのようだが、その他たばこ税、Fedexの納税代行手数料?がかかるようだ。その他の事項について、当方は専門家ではないので、責任は負えません。)

円が強くなってきたので、海外から輸入する形で葉巻を販売しているショップサイトを何件も見てみたが、とにかくわくわくするくらい安い。
「これは今のうちに買わなきゃ」と思っていたのだが、先日ようやく購入に至った。「cigarone.com」というサイトだ。
本エントリーは、その体験記である。

cigarone.com」は、スイスに所在地を置くキューバ葉巻専門店で、ダビドフなどは購入できないが、キューバの主要なブランドを取りそろえている。
値段は、円の強さにもよるが、おおむね納得のいく価格で、課税されても国内価格よりもずっとお得だ。

購入には、会員登録が必要だ。特に迷うことは無かった。英語が苦手な方でも大丈夫なように配慮されている。

一番良い点は、15,000円以上は送料無料という点だ。つまり、15,000円~16,666円の範囲に収まるようにすれば、送料も税金もかからない。私はもちろん、この範囲に収まるように購入してみた。
結果、非課税であった。「cigarone.com」については、税関から後日課税額が郵送されてくるというケースがあるようだが、私の場合それも無いようだ。
(関税は0円だったが、たばこ税とFedexの納税代行手数料?がかかった。1400円(たばこ税)+手数料(500円)だった。手数料高いな…。)

これはかなりお得でとても満足している。
(※注意点として、いつの時点で請求額が確定するか、どの時点のレートで計算されるか、関税がどのようにするかなど、細かい点は私はよくわからないので、上記の事例を保証するわけではありません。また、「cigarone.com」の15,000円以上送料無料は、キャンペーンのようなので、いつ終了するかは分かりません。通常は17,000円以上送料無料を行っているのかもしれません。)

注文は、他のショップと同じようにサイト上からショッピングカートを通じて行う。
注文を確定したら、以後注文確認メールが送られてくるが、注文確認メールに、「承諾」「確認」の旨を返信しないと、注文が確定せず発送されないので注意。
この返信をした後、「商品を発送しましたメール」を送信してくれる。そのメールにFedexの追跡用番号が記載されているので、その番号を元に、Fedexのサイトから荷物の配送状況を知ることが出来る。
発送は迅速で、メールを返信した日には発送されていたように記憶している。時差があるので、メールの返信や処理にも時間がかかる場合もあるだろうが、私的には満足いくスピードだった。また、発送から3、4日後には、手元に届いたように思う。早い早い。

私の注文した葉巻は、Fedexのサイトから調べるに、スイス→フランス→中国→日本と来たようだ。個人輸入もなかなかおもしろい。
発送完了メールには、「到着したらお手数ですがご連絡いただければ幸い」というようなことが書いてあったので、到着連絡をしておいた。不満などがあったら、ここに追記すれば良いように思う。おそらく日本国内の配送とは違い国際輸送では輸送上の問題が多いので、このようなお願いをしているのだと思う。商品が到着したら、すぐに梱包外装や中身を確認し、問題があれば報告すれば対応していただけるように思う。ちなみに、私は全く問題なかった。

cigarone.com・イメージ1cigarone.comイメージ2

届いた葉巻自体は、傷もなく、本物のようだ。とはいえ、私のような素人には見分けがつかないが…。全種喫煙済みだが、香りはキューバ葉のもののように思う。旨い。

全体的に、満足いく取引だったように思う。
本エントリーは、注文した葉巻(H.Upmanのpetit coronas)を楽しみながら書かせていただいている。
GWの日々も葉巻で充実した。

モバイルサイトもちゃんと作ってあるようなので、メールのやりとりなどの利便性から、次回はモバイルサイトの利用も考えている。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です