趣味としてのガンプラ(ガンダムのプラモデル)


sazaby_img2趣味をずっと探している。趣味と言えるほどのものでもないが、ちょっとガンプラを組み立てるのを趣味的なものにしようかなと思い始めた。

プラモデルを「組み立てる行為そのもの」が、「時間を切り取られる」という感覚に近い集中をさせてくれる。そして、その集中の後で、できあがったリアルな立体物を見て、軽い達成感と満足を得られる。それら一連の流れでリフレッシュできる。

週末の休みは2日と短い。短いから、自分の将来に向けた勉強やら作業やらを集中して行いたいし、行うことに努めてきた。

だが、ずっとリフレッシュしないままに、仕事・努力・作業・勉強・仕事・努力…などとずっとやってくると鬱になってくる。さらには、昨今の不況の余波を受け、仕事自体も鬱になってくると事態は深刻だ。

今まで日常で楽しみと言えるものは、昼ご飯とタバコ・葉巻くらいだった。何か「時間を切り取られるような」夢中になれるモノを探していたが、全然見つからない。

そこで、緊急避難的ではあるが、ガンプラに時間とお金を投資することにした。

20代だというのに、ガンダムが好きなマニアな私。

今までも、ガンプラにちょいちょい(3年に1体くらい)手を出して組み立てていた。

もっぱら、MG(マスターグレード)シリーズ[1/100サイズ、完成度と値段が高い、組み立てにもそれなりに時間がかかる]を組み立てていたが、今回、HGUCのサザビーを組み立ててみた。

サザビーは、一番好きな機体であるにも関わらず、MGキットの評価は芳しくなく、評価が高い(うえにMGに比べると安い)HGUCを組み立ててみた。

sazaby_img1

これが、なかなかかっちょいい完成品。MGとくらべるとちっちゃいが、これはこれで手軽で良い。

サザビーの次に好きな機体のリ・ガズィもMGキットが微妙でHGUCの評価が高い。次は、リ・ガズィかな。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です