万年筆-セーラープロフィット21・長刀研ぎ-


ノートにたくさんのものを書き付けるときや、論文の答案を書くとき、私は、万年筆を使っています。

以前は、万年筆なんて、と思っていたのですが、使ってみて良さをしみじみと感じています。

万年筆を使うまでは、論文の答案を2通書くだけで、手首が痛くて書けなくなるほどでした。
しかし、万年筆に変えてからは、8通書いてもまったく手首に痛みを感じなくなりました。(疲れは感じますが)
これはすごいです。

高校受験の時、通常のボールペンから、ドクターグリップに変えて手首の痛みが和らいだことがありましたが、あの時から万年筆に変えておけば、こんなに手首がひどくなることもなかったろうにと思います。

司法試験や、その他論文が必要な試験を受ける方や、長時間の筆記をされる方は、是非一度万年筆を試してみると良いと思います。
ちなみに、私が使っている万年筆は、セーラー万年筆の、プロフィット21長刀研ぎ(銀)です。

手帳用に細字が欲しいなと思う今日この頃です。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です