集中できる環境づくり。


どうしても、勉強に集中できなくなっているので、集中できる部屋・自分を作り上げようとしている。

まず部屋についてだが、今まで、勉強部屋はあったが、リビングでも勉強していたのをいっさいやめることにした。そこで、資料やテキスト、文房具などを勉強部屋に一元化し、集中して勉強ができるようにした。

また、勉強部屋には、PCをおかないこととした(というよりも、もはやこの家には置かず、実家に保管することとした)。どうしても、いじりたくなってしまい、無意味な時間ができてしまうためである。調べたいことがあった場合、「暇なとき・休み時間に調べる項目リスト」に書き込んで、勉強にすぐ戻ることとした。

さらに、ありがちではあるが、不要なもの等を整理して、だいぶものを捨てた。すっきりして、よけいなものが目に入らなくなり集中化がはかれるように思う。

結局、部屋をシンプルにしたわけだが、捜し物をする時間もなくなり、効率がよい部屋となったように思う。

他方、集中できる自分づくりについてであるが、まずは、価値感を再度明確化すること。これは、フランクリンプランナーのミッションステートメント・価値観・目標等を見直して考え直した。

次に、フランクリンプランナーで多少良くなっているものの、頭の中がぐちゃぐちゃなことを感じていたので、GTDを実践してみた。多少、自分なりのやり方を取り入れ(上述の「暇なとき・休み時間に調べる項目リスト」の作成や、週次レビュー時に週間コンパスの裏に「今週することリスト」などを記入するなど。)つつ、フランクリンプランナーの一項目として常備することにした。

GTDを実行すると、非常に頭がすっきりし、やるべきことが明確になるため、迷わず勉強に身を投じることができる。

ついでに、フランクリンプランナーも整理し、必要のない項目をしまうなり、まとめてしまうなどして、シンプル化・スリム化を図った。すっきりして頭のメモリー容量が増えたかのように思う。

こんな感じで、これからも勉強していく。もっと集中できる部屋・自分づくりについては考えていきたい。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です