司法書士試験の書式問題対策用問題集を選ぶ


登記法の勉強をすすめて、だいたい感じがつかめてきました。

どうやら正確かつ細かい膨大な知識をきちんと頭に入れることがまず第一歩のように思います。
そして、それは択一試験でも同じで、しかも択一試験と内容・範囲的にはほとんど同じです。

ただ脳への入れ方と脳からの出し方が違うので、その訓練をしなければなりません。
しかし、それについては、択一を中心に知識を確実に正確にしていく訓練を積むことでなんとかなりそうです。(これは司法試験択一試験に苦しんだ自分の経験からもそんなに間違っていない感覚だと思います。)

あとの問題は、書式の問題への対応・練度をいかに向上させるかです。
これには2つのポイントがあるように思います。

1.どれだけ問題演習をこなすか
2.どのように問題演習をするか

書式の問題は、繰り返し何度といても新鮮な気持ちで解けなそうです。それでいて、現存する書式問題はそれほど数が多くないように思います。
これらの事情のため、一問一問を深く自分の経験に落とし込めるよう注意して解いていかなければなりません。

では書式の問題集で適したものがなにかあるのかと探したところ結構微妙な感じです。

以下、予備校毎のリスト。


【LEC(オンライン本校へのリンク)】

・書式ベーシック(不登法):基本的問題を集中に全60問(2008年6月発行。平成19年3月現在の法改正に対応)
・書式ベーシック(商登法):基本的問題を集中に全42問(2007年5月発行)

基本的な問題で簡単らしい。でも、最後の方は難しいらしい。
問題数や基本事項の確認としてはうってつけのようにも思えたりする。

ただ、これは書籍にではなくLECの各本校か、LECのオンライン本校にて購入が可能。

・合格ゾーン 記述式過去問題集(不登法)
・合格ゾーン 記述式過去問題集(商登法)

過去10年分(平成12年度から平成21年度まで)の司法書士筆記試験で実際に出題された記述式問題を、最新の法令に対応させて編集し、解答・解説を加えた記述式過去問題集

とりあえず、過去問集は抑えておきたい。
ただ、これも書籍ではなくLECの各本校か、LECのオンライン本校にて購入が可能。


【Wセミナー(TAC・Wセミナーのページ)】

多くの合格者が利用していたという話をしているテキストで決定版とも言えるようにも思える。
ただし、不動産登記法の実践編がAmazonでみる限り、2006年9月が最新刊となっている。
WセミナーというかTACのオンラインストアを見ると、「改訂版の発売予定がございます」と表示がされている。

不動産登記法の実践編改訂版がいつでるのかがちょっと明確じゃないのがアレ。でもたぶんこれはやる。難易度は難しいらしく、本試験レベルと同等かそれ以上とのこと。特に連件申請の問題演習が出来るのが良いらしい。


【伊藤塾(伊藤塾のページ)】

評判をあまり聞かないのだけど、蛭町講師が良いという話はいろいろと聞く。Amazon評価でも良い感じなので、ちょっと考えてみようかと思っている。実際本屋に見にいかねば。


とりあえず、いくつか選んだのち問題数を集めて、一日一問ずつ解いていくつもりです。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です