ThinkPad X201sのキーボード交換を試してみた


届いたThinkPad X201s用日本語配列キーボード

ThinkPad X201sのキーボードを交換してみました。どうにもESCキーの効きが悪かったのと、交換自体に興味があったのです。
今回は、日本語配列キーボードをヤフーオークションで落札して(1980円)、交換してみました。別途、英語配列キーボードもヤフーオークションで落札して(2500円くらい)いて、あとで、英語配列キーボードを試したくなったら試してみようと思っています。

簡単な交換作業

交換作業は、こちら→[定番記事 ThinkPad X200 X200s 英語キーボード換装手順 – Blog:TP Geometry]の記事を参照していただければわかるように、とても簡単です。

Lenovoのサイトに公式にハードウェア保守マニュアルも公開されています(→download.lenovo.com/jp/mobiles_pdf/43y6632_07_j.pdf

▼開けてみた図▼
ThinkPad X201sを開けてみた

▼取り外したキーボード裏面の型番表示▼
取り外したキーボード裏面の型番表示

あっという間に終わりました。小さめのプラスドライバーが必要でした。

使用感

ThinkPad X201s用の日本語配列キーボードは、型番レベルで2種類あります(42T3762・42T3696)。
42T3762がchicory製で、42T3696がMNB製という話です。

で、もともと付いていたのが42T3762(chicory製)で、今回届いたのが42T3696(MNB製)でした。
確認しないで購入したのですが、これが嬉しい誤算でした。ぜひ比べてみたいと思っていたからです。

比べてみた感じ、MNB製(届いた方)がよりメカニカルな感触です。キーを押し下げた感触が明確です。これはキーはわずかな違いですが、TrackPointのクリックにおいてはより明確に違います。MNB製の方がはっきりとクリックした感がわかる感触です。Chicory製の方のTrackPointのマウスクリック感は、押し下げ感はあるのですがクリック感が無かったのです。MNB製は、どちらもはっきりとしていて、こちらのほうが好みです。

TrackPointのマウス操作も、MNBの方がはっきりしていて、かつ軽い感触です。少し戸惑いましたがすぐに慣れました。

あとの違いとしては、TrackPoint(キャップをかぶせる部分)の色が違います。42T3762(Chicory製)の方は、白いのですが、42T3696(MNB製)の方は黒いです。これは白い方がわかりやすくて好きです。キャップはめちゃえば関係ないですが。

普通に購入すると高いキーボードですが、安く手に入り、嬉しい誤算もあり、しかもMNB製の方が好みに近い感触で大満足でした。

また英語配列キーボードを試してみたときにエントリーしてみたいと思います。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です