PCを数年ぶりに買い換える:HP WorkStation xw6200(中古)


今現在、私が所有しているPCは、3台。

1台は、MacBook。Core2duo搭載のナイスなやつだけど、婚約者が占領中。
1台は、ThinkPad X40。中古で買ったPentium-M1.6GHzなやつ。SSDにしてかなり快適。

で、もう一台のやつが問題。数年前に、ドスパラで買った「PrimePC」。
CPUは、Celeron 2.4GHzで十分なのだけれど、メモリが最大512MBというMicroATXマザーなのが問題。10MBのCSVファイルを「OpenOffice.org Calc」で開くだけで固まる。
「OpenOffice.org Base」にいたっては、1MBのCSVファイルをテーブルとして取り込んだは良いが、クエリで呼び出して表示させるのに固まったかと思うほど待たされる始末。

仕方がないから、Microsoft Office 2003を引っ張り出してみて、Excelで試したら、メモリ不足と明確に言ってきた。

諸事情により、かなり多くのスプレッドシート処理とデータベース処理をしなければならない予定なので、ちょっとこのマシンでは頼りなくなってきた。ThinkPad X40の方がメモリ搭載量が多い(1.5GB)ぶん、そっちのほうがちゃんと処理できるというなんともはやな感じ。

この「PrimePC」は、グラボを増設したりいろいろとがんばってきたが、最大の弱点であった『拡張性』の限界に到達したようだ。マザーボード毎変えるのはめんどいし、買い換えるしかないと思ってはや1ヶ月。

ThinkPad X40を買ったときにも思ったけど、ほんと今は、中古PCって良いのが多い。OSが、XPである限り、3Dゲームをやらない限り、古いマザーやメモリ規格でもまったく問題ないだろうというモデルが、だいたい1万円前後であったりする。

ちょうど会社でもPCのリプレース時期なので、現在私が会社で使っているPCを安価に貰い受けることもできなくもないのだけれど、それよりもスペックが高いものが、5万円以下で買えそうなので、買うことにした。

それがこれ↓

ハイスペック Workstation HP xw6200

【Xeon:3.8/3G/250/MULTI】

価格:36,800円 (税込)(送料別)

そう、通常のPCじゃくて、ワークステーション。
それが4万円を切っています。

「うわっ…」と思ってから1時間、さきほどポチっと[ご注文を確定する]ボタンを押してしまいました。

まだ届いてないけど、備忘録代わりに、こいつの紹介を。

「HP xw6200 Workstation」

まずCPUは、通常のコンシューマーモデルではなく、ワークステーション・サーバー向けに安定性を高めた「Intel Xeon©プロセッサ 3.8GHz」。
「Xeon」でも、今となっては古いコアなCPUだけども、Xeonならではの安定性は頼もしいし、通常使用には十分すぎるほど頼もしいCPUだ。ただ、難点は、おそらく最近のCPUと比べると消費電力が高いという点。初期のXeonの半分くらいにはなっているモデルのようだが、はたしてどうだろうか。

メモリは、3GB。ハードウェア的には64bit対応らしいが、OSは、32bitのWinXP Proなので、OS的に操れる上限メモリ容量が搭載されている。これもまた頼もしい。現在(512MB)のおよそ6倍。100MBのCSVもなんなく開いてくれそうだ。

もうひとつポイントなのが、グラフィックボード。上記商品は、製品モデルデフォルトではついていない「NVIDIA Quadro FX 3450」がついている。
最近のグラフィックボードからすれば、3D処理能力は劣るのはもちろんだが、DVI-D端子が2つついているのがポイント。すでにDVI-D端子対応のディスプレイ2台でデュアルディスプレイを実現しているオイラにもってこいのグラフィックボード。ここが購入の決め手だったりもする。

ちなみに、「NVIDIA Quadro FX 3450」は、同じNVIDIA社の「GeForce」シリーズとは方向性が異なり、よくゲームで使われる「DirectX」対応度ではなく、CADなどによく用いられる「OpenGL」への対応度を高めたボードとなる。残念ながら、私はCADは使わないのであまり意味はないが、それ関係の仕事をしている人にはもってこいのグラフィックボードらしい。

さらに、このモデルのもうひとつのポイントは、『拡張性』。ワークステーションなので、でかい分拡張性が高い。そんなに拡張するつもりもないのだけれど、これは頼もしい。

あとは細かい点で言うと、PS/2ポートがついている(おいらは、Realforce 96使いなので必須。最近のPCではPS/2ポートがついていないモデルもあるので注意している)、リカバリCDがついている(=安心)、静音性に優れている(らしい)点が私的に良いところ。

その他、IEEE1394ポートがついていたり、フロッピードライブがついていたり、KingsoftOfficeがついていたりするけど、そこらへんは私的にはどうでもいい。

こんな感じか。

下に参考リンクも載せておくので、中古PCを検討している方は是非検討リストに加えてみてください。

ハイスペック Workstation HP xw6200

【Xeon:3.8/3G/250/MULTI】

価格:36,800円 (税込)(送料別)

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です