使ってみたら意外に使えると驚いたソフト:「Paint.net」と「KingSoft Office」


ふとしたことから利用してみたソフトが2つとも良くできていてびっくりしたので、それについて軽くコメント

その2つのソフトとは、「Paint.net」と「KingSoft Office」です。

Paint.net

「Paint.net」ロゴ

Paint.net」は、フリーの画像作成・編集ソフトです。Microsoftが支援しているソフトで、意外に高機能。しかも、インターフェースもかなり親切ですっかり虜になりました。私は、いつもSleipnirで有名なフェンリル社の「PictBear」を使用していたのですが、これからは「Paint.net」を利用しそうです。

KingSoft Office

「KingSoft Office」ロゴ

以前購入した中古のPC2台ともについていて2ライセンスあります。なのでちょっと使ってみることにしました。

これが意外に使える。なんせ、Microsoft Officeよりも軽く動作するのがほんとに良いです。動作が軽いは正義。
Microsoft Officeドキュメントとの互換性も、なかなか優秀です。マクロなど一部の互換性はばっさり切り捨ててありますが、それ以外はレイアウトなどの再現性も十分です。

あとは、これから先どうなのかとか詳しいことはよくわからないのですが、どうやらアップデートが無料なようです。持っているライセンスは、「KingSoft Office 2009」のものなのですが、普通に「KingSoft Office 2010」で利用できました。というか、2009のバイナリが見あたらなくてFAQを見ても「2010をダウンロードせいや」という感じしか出てなかったので試してみたら普通に通ったのです。アップデートが無料は素敵かつ安心です。
Microsoft Officeのライセンスをもう一つ買おうと思っていたのですが、プライベートPCには「KingSoft Office」でいいや、という感じです。あともう1ライセンスあるし、意外なみっけもんでした。

「KingSoft Office 2010」を楽天で購入するにはここをクリック

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です