有料のレンタルサーバーを探す:おすすめは、XSERVER(エックスサーバー)


このブログは、WordPressというCMSを利用して運用しています。WordPressは、非常に簡単な操作で運用ができ、デザインが優れたテンプレートが豊富、しかも細かい編集も容易に可能です。最大の特徴は、豊富なプラグインがあり、簡単に機能が拡張できる点です。CMSとしては、MovableTypeと並んで、現在もっとも有力なものといえるでしょう。

ただ、WordPressは、PHP+MySQLという構成で、他のフリーブログサービスでの採用実績がほとんど無いため、自分でサーバーを建てるか、レンタルサーバーを借りて利用するしかありません。とはいえ、無料のレンタルサーバーでMySQLを利用できるというのはほとんど無く、結局有料のレンタルサーバーを利用することになります。

私は、レンタルサーバーを利用しても、せいぜいblog、Wiki、その他HP作成、PHPの勉強くらいにしか利用しないので、そんなにハイスペックも多くの容量も必要ありません。ですので、できるだけ簡単で出来るだけ安価なレンタルサーバーを利用したいと思いました。

ただ、300MBとかそこらの容量では、WordPressをインストールした分の容量を差し引いて考えても、少々窮屈です。いろいろ考えて、1GBは最低ほしいと思いました。
また、ドメインの取得ができることと、サブドメイン(「http://blog.hogehoge.com」のblog部分)が無限に設定できることもポイントです。URLが無駄に長くなるのはあまり好きじゃないので。意外にサブドメイン取得数が制限されているレンタルサーバーがあるので驚いた記憶があります。

運用してみて一番思ったのが、サーバーレスポンスと安定性が一番大事です。

いろいろ検討した結果、XSERVER(エックスサーバー)のX10プラン(月1,050円)を利用することにしました。8ヶ月ほど運用してみて、非常に満足しています。

満足ポイントは、いかのようなものです。

  • レスポンス・安定性まったく文句なし。っていうか、レスポンス速い。FTP時の快適性が無料のレンタルサーバーとは全く違う次元です。
  • WordPressの自動インストールに対応。FTPやコマンドライン、設定ファイルの編集など必要なく、PHPとDBの設定をして、管理メニューから自動インストールを選ぶだけ。
  • 容量が、十分な5GB(X10プランの場合)
  • データベースが、5つまで利用可能(X10プランの場合)
  • サブドメインの利用数制限数なし
  • マルチドメインも利用制限数なし

SSHが使えないなどの点で、不満を覚える方もいるかもしれませんが、同価格帯のレンタルサーバーに比べれば、抜群に機能が豊富で、レスポンスも速く、正直全く乗り換えようとも思いません。

WordPressの他にも、Movable Type Open Source、Xoops Cube、osCommerce 日本語版、Zen Cart 日本語版、PukiWikiの自動インストールに対応しています。自動インストールに対応していないものでも、インストールが可能なものがあります。私が一つ試したのは、EC-CUBEですが、問題なく動作しました。

欠点として、ドメイン取得料金が少し高いことです。業界平均からすれば安い方であるのですが、最安ではないです。外部ドメインを利用したこともできるようですが、私は利用したことが無いのでどのような使い勝手なのかちょっとわからないです。

どうやら、XSERVERでは容量の増加とサーバーの増強を行うようで、X10プランでも容量が倍増し10GBになるようです。(⇒参考リンク:ニュース | レンタルサーバー 低価格で最高クラスのエックスサーバー)とりあえず、レスポンスと容量に関してはコスト比で最強のレンタルサーバーであるように思います。おすすめです。





XserverのHPで内容を見てみる

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です