iPad2(白)をゲットしました


iPad2イメージ

iPad2をゲットしました。スマートフォンとしては、Android搭載のXperia Arcを使用中の私ですが、タブレットは、iOSなiPad2です。財布が許してくれれば、ソニータブレットもまたゲットし、比較検討できたらなと思っています。

タブレット端末を常用してみると、なんとなく「これはいいものだ」という感想から、「これはすごいデバイスだな」という感想に変わりました。これは革新的なデバイスだとわかります。Appleはなんてものを作ったんだと。

でかくなったiPhoneといってしまえばそれまでなのですが、その「でかくなった」ことの意味が非常に大きいです。液晶サイズが大きければ、iPhoneで培われた直感的インターフェースによるWebブラウズが可能になりますし、iPhoneが示した専用アプリの世界が、iPadにまで広がれば、もはやPCの代替デバイス・間に合わせデバイスではなく、PCを超える体験を実現できるのではないかと思います。

とはいえ、まだまだiPadのエコシステムは動き始めていません。これはあくまで「予感」です。たとえば、Twitterは、公式アプリもサードパーティーのアプリも出ていますが、PCブラウザ用Webアプリである「Crowy」の方が使い勝手は断然いいです。まだiPadアプリのベンダーは、iPhone向けのアプリ開発の方向性との違いが固まってきてないように思います。iPadにはiPadならではのインターフェースデザインが必要と思いますので、iPadが真価を発揮するのはまだ先なのかなと思います。

しかし、すでにiPadの方がPCよりもいいなと思うところはあります。それは、電子書籍とRSSリーダー(Reeder for iPad)です。(私はまだ使い始めて間もないので、2つくらいしかあげられません。)

電子書籍については、Mac譲りのきれいなフォントレンダリングとiPhone譲りの自然かつ快適な操作性、優秀なPDFリーダー(GoodReader、CloudReader)、そしてなによりも持ち歩きやすい本体と長時間持つバッテリのおかげで、すでにiPadは、最強の電子書籍リーダーになりつつあります。

また、ReederというGoogle Reader連携iPadアプリがあるのですが、これの操作性、多サービスとの連携力などは、iPadというデバイスの未来を感じさせてくれる仕上がりです。(しかも無料)。

これからのタブレット端末の未来が非常に楽しみに思います。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です