今頃、「ひぐらしのなく頃に」 iPad版をプレイしました


「ひぐらしのなく頃に」アプリアイコンひぐらしのなく頃に
ひぐらしのなく頃に(JP) - SEAMS

今更ですが、iPad2を購入してアプリがあったので、「ひぐらしのなく頃に」をプレイしました。

いままで特に興味もなく、有名とか人気があるということは知っていましたが、やってみようとは思わなかったのですが、やりはじめると止まらなくなってしまいました。
一気に、全8話を相当な時間がかかりましたがやってしまいました。
第1話である「鬼隠し編」が無料で、あと7話分が有料です。各話が現在のところ600円でしたので、計4200円かかったことになります。高いな~と思っていたのですが、全く迷いなく決済した自分を振り返ってみるに、見合うだけのおもしろさがあったと思います。

猟奇ものと聞いていたのに、感動巨編になるとは思いませんでした。

神、文化、風習、儀式、教義、理想、現実、視点、意思、企み、そして奇跡。どの言葉をとっても、重要なキーワードであり、とても狭い世界で展開されているにもかかわらず、それが、狭く深くそして永い世界にどんどんと認識の拡大を迫られ、登場人物のユニークさと、行動に対する同情や哀れみを経て、すっかりそこの住人となっているかのような自分に気づかされます。

まだやったことの無い人には、是非お勧めしたいアプリです。

 iTunes Store(Japan)

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です