パイプ用ライターレビュー:SAROME(サロメ)「PSD9-07」


SAROME「PSD09-07」イメージ画像1

以前のエントリーで、パイプ煙草の着火具に悩み、パイプ煙草用のライターを購入したと書いた。
届いてすでに常用しているので、感想を書いてみたい。

購入したのは、SAROME(サロメ)の「PSD09-07」というもの。もう少し太くてZIPPOぽい型もあった(PSD1-57)が、着火回数がそんなに変わらないのと、やはり小さい方がいろいろと使いやすいので「PSD09-07」に決めた。

SAROME「PSD09-07」イメージ画像2SAROME(サロメ)に決めた理由は、コストパフォーマンスが最大の理由。私の好みは、デザインがシンプルで、長く使えて、メンテナンスが容易なもの。それでいてものづくりの心が感じられればなお良い、という感じ。そのすべてがSAROME(サロメ)のライターにはあるように思う。

届いて開けると、ネックレスが入っているかのようなケースの中に鎮座していました。高級ライターとしては安いほうだが、100円ライターに比べれば高い買い物だからと言うことか。非常に満足。というか、こういう演出があると大事に使いたくなる。

SAROME「PSD09-07」イメージ画像3
着火は非常にスムーズ。斜めに炎が出るので紙巻き煙草にもパイプ煙草にも着火がしやすい。着火してしまえば、あとは持ってるだけで火が消えないZIPPOのようになっているので、便利。

フリント(着火石)の交換も簡単で、ZIPPO用のフリントも使えた。ガスの交換も確実に行える。ちなみに、ウインドミル純正のガスでも使えた。とはいえ、消耗品は純正品が一番良い。問題は近くに売ってないこと。楽天で探したけど、フリントだけ買うのに送料500円払うのがばかばかしくてやめました。ZIPPO用のフリントはたいていコンビニで売ってますから、ZIPPO用のにしてしまいました。

そんな感じで特に不満も不便もなく、便利に使っています。長くお世話になる予定です。

 
 

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です