葉巻と紙巻き煙草が切れたのでこの際だからパイプ煙草にしてみた


本日、たばこ税増税についての報道があった。

1本10円アップとの話が出ているようで、シガレット(20本入り)だと、500円前後になるということになる。

パイプ・イメージ私は、紙巻きたばこ(ダビドフクラシック:340円)をベースに、気分によって葉巻を吸うというスタイルだった。コストパフォーマンス的に良かったので、今まではこれでよかったが、紙巻き煙草が一箱500~600円になるとなると、あまりコストパフォーマンスは良くなくなる。

紙巻き煙草だけでなく、パイプ煙草も葉巻も増税という話になりそうだ。それでも、味とコストのバランスがよりとれているのは、安価な葉巻かパイプ煙草かと思う。

ちょうど一昨日、紙巻きたばこも葉巻も切れたので、パイプ煙草に絞ってみることにした。

パイプ煙草については、ずっと前に挑戦してみたことがあったのだが、吸い方にコツがいるため、めんどうくさくすぐにやめてしまっていた。今回それに再挑戦と言うわけだ。

で、2日間試してみて、吸い方のコツが分かったようで、かなりおいしく感じている。長時間吸えるし、パイプという道具を扱う楽しみもあるためなかなかに趣向が良いものに思えてきた。

パイプ煙草について感想を述べたい。個別と全体について。

パイプ煙草全体について

一番問題にすべきは味だろう。まず、紙巻きたばこと比べてどうか。問題なくおいしい。紙巻き煙草をいくつも試してきたが、パイプ煙草の方がより芳醇で、深く、濃く、吸い応えがある。種類も豊富なので、退屈はしなそうだと思っている。そりゃそうだ、紙巻き煙草はほとんど日本だけを対象としているが、パイプ煙草の品作りは世界を対象にして行われているし、歴史も深い。

次に問題にすべきは、葉巻との差だ。これが問題なのだが、葉巻には及ばない。遠く及ばないとは言わないが、やはり確実に及ばない。これがちょっと残念だった。とはいえ、まだパイプ煙草を始めたばかりであり経験の問題かもしれないし、私のスキルの問題かもしれない。今あるものを吸い終わったら、ヴァージニア葉がほとんどというもの(フォーマー・バーズアイフレイク)を試してみようと思っている。よりたばこたばこした味が楽しめるのではないかと楽しみでもある。

いずれにせよ経験不足は間違いないので、これから楽しみながら経験を積んでいきたいと思っている。

感想:ダンヒル マイミクスチャー965(Dunhill My Mixture 965)について

定番と言われるし、最高ともいわれる。プレミアムシガーのような香りとも評されているが、たぶんプレミアムシガーを吸ったことが無い人が言ってるんじゃないだろうか。私には、全くわからなかった。これが葉巻の香りなら、私はたぶん紙巻き煙草(ダビドフクラシックorダビドフマグナム)でいいやと思っていたと思う。

いきなり酷評だが、では、まずいのか? いや、とても旨い。さすが、最高と評されるだけあって、非常に旨い。とりあえず、これがあればパイプ煙草を続けて行けそうだと思っている。

ラタキア葉は、初めてでかなり特徴的な香り(におい、と言っても良い)だ。この香りは葉巻ではなかなか味わえないだろう。土臭いとも言われるタバカレラ(葉巻)でも、もっと上品な香りだ。ラタキア葉の荒々しい香りは、パイプたばこならではでしょう。

この荒々しく雑多なラタキア葉をベースに、ここまでまとまった味のブレンドなのがまた素晴らしい。おそらく、この煙草はパイプを続ける限り常にストックしていることになるだろう。

感想:飛鳥

日本産ではなく、デンマーク産になって味が落ちたとのこと。結構旨い。だが、上記ダンヒル マイミクスチャー965ほどではない。同じラタキア葉ベースで、ダンヒルよりも完成度が落ちるので、結局ダンヒルで良いということになる。また、燃焼の安定度もダンヒルに劣る。残りを吸うのが苦痛と言うほどではないが、次に買う動機は湧いてこない。

感想:アンホーラ フルアロマ(AMPHORA FULL AROMA)

一番売れているパイプ煙草と言うことで買ってみた。パッケージデザインから連想できるように、パッケージを開けるとまるで紅茶のような良い香りがする。喫味となると、良い香りはやや抑えられて煙草としてバランスの良い香りになる。バランスがとれていて、スマートな香り。一番売れている理由がよく分かる。

これから試したいパイプ煙草

「Take it easy」「Davidoff Roiyalty Mixture」「Blue Note」「Former Bird’s Eye Flake」

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です