パイプ用の着火具を選ぶ


パイプに関するエントリーを先日載せた(→「パイプたばこ」を「葉巻」や「紙巻きたばこ」と比較してみる | Lunarian’s Blog)。

その中で、パイプの欠点としてあげた「着火具に困る」という点について書いてみたい。

パイプは、紙巻きや葉巻と違って、着火する部分を火の上に持ってくることができない。最低限、火を横向きか、下向きにしてつけることが必要になる。
とりあえず、横向きになれば吸い込み口から吸い込むことで空気と一緒に火の向きを変え、着火することができるのである。

通常のライターでやろうとすると、ライター次第かもしれないが、火傷してしまう。私が不器用なせいもあると思うが、とりあえず着火に手間取ることには間違いが無く、めんどくさがりの私的には改善したくてしょうがない。

というわけで、パイプの着火には、火が出る部分が長い棒の先になっているいわゆる「チャッカマン©」の類か、マッチ、もしくはパイプ用ライターということになる。

チャッカマンについて

チャッカマンは、非常に便利で、パイプへの着火にも火傷することなく着実につけることができる。しかし、持ち歩きには不便だし、コストが高くついてしまう。この点、ダイソーなどに実は多種多様なチャッカマンもどきが売っていることに今日気がついた。あんなにいっぱいあったとは。しかも、チャッカマンもどき的なものだけでなく、通常の100円ライターから棒がにょきっと伸びているようなヤツまであり、持ち運び制も優れているかもしれないとおもわせるものまであった。これは試してみる価値があるかもしれない。ただ、チャッカマンおよびチャッカマンもどきは、使い終わったら燃えないゴミか危険物なので、ゴミ捨てが面倒な点が問題。

マッチについて

次に、マッチ。これもパイプへの着火のしやすさという点で見ると非常に便利。でも、意外に売っていない。近所の薬局でやっと見つかったのだけれど、近所のホームセンターで見あたらなかったのにはびっくりした。(探せてなかっただけかもしれないけれど、普通線香と一緒に置いてない?)
あとは、マッチ火薬独特の臭いと木の棒がゴミとして出てしまう点がちょっと問題と言えば問題。マッチ火薬独特の臭いについては、マッチを擦って火をつけた後、しばらく立ってから煙草に火をつければよいのだけれど、ゴミがでてしまうのはちょっといやだ。コスト的にはチャッカマンよりもだいぶ優秀だけれど、チャッカマンもどきと比べたらどっちが上だろうか。

で、もうしょうがないから、パイプ用ライターを買うことにした。というか、今まで適当なライターばかり使ってきたけど、ちゃんと適当なライターを使うのもよいかなと思えてきた。パイプ用にも葉巻にも紙巻き煙草にも使えて、長く使えるガスライター(オイルライターは臭いがだめ)を探してみた。ついでにいうと、飽きっぽい性格なので、なるべく飽きがこないシンプルなデザインで、ZIPPOのように火を着けたらボタンを押し続けなくてもふたをとじるまで火が消えないヤツ。

あった。これだ。

というわけで、注文してみた。
届いたら、ブログにて写真付きでレビューする予定。

参考リンク

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です