期待を裏切られることはよくある。あらゆる側面でそうだ。お店のサービスや、好きになった子の思わぬ行動や、アイドルの熱愛報道などがそれにあたるだろう。
われわれは、あらゆるものに「期待」をかけ、その期待に応えてもらえたか否かをあらゆるものを判断する基準に使っているといえる。「期待をかける」というと恩着せがましく聞こえるが、「信頼する」という言葉にすれば聞こえがいい。もっと厳密に正確に言えば、「信頼を押し付ける」とでも言うべきか。

恋人が別れる理由、夫婦が離婚する理由、従業員が辞めていく理由、お店から客が離れていく理由、それらは極論すれば、「期待に沿わなかった」という事象に結論づけることができる。

私には、7年付き合って同棲している彼女・婚約者がいるが、よくよく考えてみると、彼女は期待を裏切らない。私の彼女に対して抱く期待を柔軟に察知し、それを外れたことをしない。恋人同士、夫婦同士がうまくいくかどうか、少なくとも続くかどうかは、相手の抱く期待を察知する能力とそれに応える、ないし外れない能力との相性によるように思う。

この世にある様々な商品・サービスもそうだ。「ものすごい!」「すごい!」と宣伝を打って、たいしたことないと期待を裏切ることになり、リピーターは来ない。逆に何もプロモーションしないのに価値がある商品は、クチコミなどで爆発的に普及したりすることがある。

イオシスという中古PC/携帯白ロムショップがあるが、「けっこう安い」というキャッチコピーを使っている。これは期待値を上げすぎずキャッチーなキャッチコピーで非常に上手いと思う。それなりに安ければ期待を裏切るということはないし、期待に応えられることが多く、ショップに対する信頼を生むように思う。

「相手の期待を察知する能力」と「それに応える、ないし外さない能力」この2つは、少なくとも現代日本で快適に暮らすためには必須の能力らしい。
でも、価値観の多様さが明確化してきている昨今、少なくとも人間関係においては、相手の期待に応え続けることは難しいし、それが自分にとって幸せかどうかはわからない。

そう考えると、「相手の期待を察知する能力」と「それに対して外さない能力」と「自分の価値観に反しないようにする能力」が、コミュニケーション能力と最近呼ばれるものなのかもしれない。

そんなことを考える金曜日夜。

勝間 VS ひろゆき 討論会 【ネットの匿名性】 【若者への起業促進】:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

前々から、勝間和代さんがネットで実名を原則にすべきという提案をしていて、いったいどんな根拠・理由があってそんな荒唐無稽なことをやろうというのかとちょっとだけ興味があった。

で、テレビ?かなんかの番組で、元2ch管理人・ニワンゴ取締役ひろゆき氏との対談があり、その理由の一つが語られていた。

 

結局、よくわからない理由

その理由は、「ある発言について本人性を確かめる必要があるかないかという場面で、判断コストが違う」という話らしい。

これに対して、ひろゆき氏は、「発言主の名前が実名か匿名か(山田太郎か名無しか)によって、プロバイダにIPアドレスを投げて本人性を確かめるコストは全く同じで変わらない」と答えている。(もちろんその通り。)

勝間さんは、実名でとりあえず書いてあれば、それを元に実名かどうか判断が付けられる、もしくは判断コストが下がるというのだけれど、それがよく分からない。

なんで「発言する際には実名にして下さい」とお願いすることで、その「実名と入力された名前」が「実際の実名」であると思えるんだろうか。

ひろゆき氏は、「山田太郎と書かれていようが、名無しと書かれていようが、結局それが実際の実名であるか証明されていない以上、プロバイダにIPアドレスを元に情報開示を求めなければならない」という前提を「当然」だと思っていて、しかもそれを勝間さんも「当然」分かっていると思っている。

だけど、それを勝間さんがわかっていないのか、わからないふりをしているのか知らないけれど、どうやら分かってないらしい。

それとも、実名を求めるということとは別の本人性確認をするということなんだろうか。それとも、みんな正直に実名を書いている雰囲気だとか、他の情報との組み合わせである程度本人性が判断できるという曖昧なものなんだろうか。よく分からない。

私は完全にひろゆき氏に同意で、…同意でというか、事実として、「発言内容」ではなく「発言名義」は、論理などで嘘を嘘と見破ることが困難な以上、結局どのような名義で行われようと「本人性を確認しなければいけないときは結局確認するコストがかかるし、そのコストは実名を求めていようといまいと同じ」だと思うだけなんですよね。

私がそういう認識でいたので、なんで勝間さんは、実名を求めればコストが下がるという主張を取り下げないのか、取り下げずに、相手を(明確に)バカにする言葉を吐いているところを見て、「あれ?この人頭良くないのかな?」と印象を持った。

私は、ECサイト運営会社に勤めていたこともあるからわかるけれども、実名が前提の入力欄であったとしても、実名かどうかなんてわかりませんでした。実際、実名じゃなくても商品は届くし、カード詐欺の故意を持っている人が実名で書いて下さいと言われて実名で書くわけないですしね。もちろん、実名を求めれば、その入力された実名とクレジットカード会社が持っている情報との照合をかけて、本人性を確かめることはできます。ただ、その「カードを使った人」と入力された名前との同一性判断は、どうやったって出来ないわけです。ネット上の「実名」なんてそんなもんじゃないんでしょうか。
 

勝間さんの問題ではなく、台本の問題?

まぁ、勝間さんが私より頭悪いわけ無いので(本気でそう思っています)、ここらへんがテレビというメディアの限界なのかなとも思った。言わせたいラインがあるなら、台本を渡してこれでお願いしますとギャラを渡せば良い。
他方で、言わせたいラインに乗せられるように出演契約を結んでないなら、言わせたいラインに乗せられないからと言って、相手をバカにする発言はしない方が良い。それは説得力を失わせる。ここらへんは、まだテレビ出演経験が少ない勝間さんの反省すべき点なのではないかと思う。

個人的には、ネット実名性論議は、実名性にすべきだと言っている人たちの主張根拠で説得力があるものを見たことが無いので、勝間さんにがんばってもらって理由を聞きたかったのだが、ちょっと残念。

 

政治的義務とこの国の未来

あとは、幸福度を数値にしてそれを元にこれじゃ駄目だとか、社会構造を変えなきゃ行けないという話は、ひろゆき氏としても意味が無い気がする。ひろゆき氏が、普段から政治的な事柄について積極的に話をしているというなら話は別だが、別にひろゆき氏はそういうタイプではない。意見を求められたことに、ひろゆき氏が応える、それが本質や核心をついていることが多いから、また発言を求められている、それだけに過ぎない。ひろゆき氏は、社会を変えようとかいう扇動家ではなく、企画家、設計士なので、こういう問題が有って解決したい、どうしたら良いと思う?って聞かなきゃ行けない。でも、ひろゆき氏がその問題を問題と思わないなら答えようが無い。問題なら問題だと説得しないと。その説得を勝間さんは放棄して、「だめだこりゃ」とか言う。それじゃだめだろう。

個人的には、ひろゆき氏もそれなりに期待して出演したのでは無かろうか。彼はつまらなそうなところや利益がなさそうなところに出て行かないと思う。それなのにあんなこと言われて話も噛み合ってなかったわけで、ひろゆき氏の方が「だめだこりゃ」と思っただろう。共有して欲しい前提、価値観があったのなら、それについては事前に説明しておくべきではないのか。それとも、なにか根拠があってひろゆき氏がその前提・価値観を共有できると判断したのだろうか。そうではなかったのなら、そう判断した人の責任であって、呼ばれた当人に責任は無いのではないか。

それなら、幸福度数値が説得的だと思う人や、その幸福度数値を高める責任を持っている人と話をしないと駄目だと思う。政治家、官僚、就職できない若者などだろうか。

そりゃ、若い人の幸福度数値を高める責任は、民主主義である以上、すべての国民が負っているといえばそれまでだけど、でも自由主義と一緒になった民主主義って、そんなに厳密に政治参加する責任をすべての国民に課しているもんなんでしょうか。憲法でわれわれに投票の義務を課しているならともかく、むしろ間接民主主義をとっていて、権力と権威がある程度、分断されている中で、全ての国民に各種資料を見て考えて未来の全ての子供たちのためや国のために発言や提案を求めるというのは違うだろう。一人に出来ることは限られていて、忙しい人もいればゲームをしたい人もいる。それは当然で、その時間をわざわざ割いて来てくれた人に「だめだこりゃ」は無いだろう。それともひろゆき氏が「出たい」と言ったのだろうか?

 

勝間さんについて思うこと

本エントリーをここまで読めば分かると思いますが、上記リンク先動画の個人的な感想として、勝間さんの態度・発言がかなり不快だった。来てもらっておいて、「駄目だこりゃ」だもんね。。。
なんか、小難しい言葉を使って、分からない人を見下すって、「頭が良いと思っている頭が悪い人」が良く使う。男が女にそういうことをするのも良く見る。そういうのって、勝間さんファンが見たらがっかりするのではないだろうか。女性でパワフルな人ってそんなに多くないので、ちょっと期待してた私もがっかりした。

まぁ、気持ちは分からないでもない。私もパソコンのことを教える時に「ドラッグアンドドロップ」という言葉が通じない時、ちょっと困ったし。でも、それでその人をバカにするとか、「だめだこりゃ」と思う(あまつさえ発言する)のは違うんじゃないの、一人の人間として。「無知は罪」だと私も思うけれど、だから「無知なやつはバカ」とか「無知はやつと話をしてもしょうがない」とかは違う。

こういう一面を勝間さんが持っているということが分かったことが、とりあえず上記リンク先の動画を見て良かったと思えたことやね。

 

10/05/04追記

勝間さんがこの件についてブログにエントリーをあげました。

勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!: 2chはIPの開示に積極的であるというひろゆきさんの注目発言について
はてなブックマーク – 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!: 2chはIPの開示に積極的であるというひろゆきさんの注目発言について

いや、あの動画の続きかと思うくらい、またなんかずれてますね。勝間さんは頭良いと私も含めてかなりの方が思ってますので、「ずれてる」んじゃなくて、「ずらしてる」ように見えるんですよね。

アンチ勝間さんだけでない層がコメントしてますし、日頃の炎上ともまた違う空気な気がしています。(私は炎上をほぼリアルタイムで見るのはこれで3度目なので気のせいかもしれませんが。)

やっぱり、こう世間一般の価値観が正しいとか、多数派だという意識があるとこういう風になっちゃうんでしょうか。最近の若者の消費行動や仕事に対する意識を批判する人たちと同じような若者との「意識のズレ」を感じてしまいます。

素直に謝罪して、支離滅裂で、最低な態度でしたと言うべきですよね。「あの議論はこういうことだった。あれでも価値があった。」なんて言ってたら、ますます支離滅裂です。

このエントリーを見て、がっかり感がさらに増しました。
若者の価値観や、他人の価値観を否定して、大衆の価値観を押しつける。それはまさに今、日本の若者が感じている閉塞感の一因だと思うんですけどね。

暇人\(^o^)/速報 : 敷金はまだ理解できるが…”礼金”更新料”って何だよ!このせいで引っ越しが出来ないヤツ急増 – livedoor Blog(ブログ)

上記エントリーを見て、結構正しくない知識を信じている人も多いんだなと言うことがわかった。

私は、ある程度知識を得ているし、宅建もってたりするし、ガイドラインについても本を読んだ。法的責任や考え方についてもある程度理解しているつもり。

でも、なんか大家や不動産屋と細かい部分まで戦おうという気も起きないし、明らかにおかしく理不尽な要求については、裁判まで行っても良いけど、別に変な名目の請求じゃなければ、生来の怠惰な性格が災いしてか、めんどくさくなる。

*契約前からシャンデリアが備え付けてあったとして、解除時にそのシャンデリア代を請求するなど[賃貸住宅に入るとき・出るとき – 山崎はるかのメモ

なんというか、大家はまだ良い。法律とかガイドラインとか知らないで変なこと言うぶんにはかわいげがある。でも、不動産屋は「わかってて」言ってるからすごい。それが正当な商行為だとか自分に言い訳する人も凄い。私にはそこまであこぎなことはできない。

そういう風に、「わかってて」言われると、怒るを通り越して冷める。あ~、もういいや、お金で縁を切れるならもういいやと思ってしまう。怒って戦うとなると戦ってる間、縁が切れなくなるのが嫌だ。そういう人間のために、自分の時間と精神が消費されゆくのが我慢できない。

 

そうなった最初のきっかけー大学時代、アパート退去時の大家とのいざこざ

大学の時済んでいたアパートは、田舎のロフト付きワンルームで月51,000円だった。更新料は無く、壁が薄いのと3階であることと、1階に頭のオカシイおじさんが住んでいること以外には不満はなかった。
退去時、まぁ、ガイドライン的にはちょっとだけアレだけど、名目上おかしな請求は無かったので、敷金と相殺・精算し残額を返還するという旨、不動産屋から言われて退去完了となった。

※ちなみに、敷金は退去と引き替えに返還されるものではなく、退去を完了してから返還となる。これは敷金の法的性質が退去を完了するまでに発生した一切の債務を精算する趣旨のものだから。

まぁ、普通だった。たしか、このときは宅建に合格した次の年で、ガイドラインもいろいろ覚えていた。チクチク攻めてやろうかとも思っていたが、そんなに変な請求がなかったので、「別にいいや」と拍子抜けして何も不動産屋には言わなかったのを覚えている。

ただその後、1ヶ月経っても2ヶ月経っても敷金が返還されない。賃料・敷金の振込先は不動産屋ではなく大家だったので、最初に不動産屋に確認し大家にちゃんと話が言っているかを確認。で、今度は大家に電話をすると、「不動産屋に聞いていない。すぐ返還する。」とのこと。退去は聞いていたが敷金の返還は聞いていないとかいう時点で意味不明。もちろん、謝罪の言葉は無い。

で、半年経っても敷金が返還されないので、もうめんどくさいからキレることにした。キレてなんだかんだあって、とりあえずこの大家は逃げ切る気まんまんだなとわかった。「明日銀行の担当者が家に来るからその時払います」とか言ってた。「あなたが自分で振込に行くべきではないんですか!?」とか言ってたら相手も逆ギレしてきたりした。

もう追い詰めるしかないな~と悟り、「返すんですか、返さないんですか。はっきりしてください。返さないならとりあえず内容証明を送りますから、その後どうなるのか大家をしているくらいなら普通想像できますよね?言ってる意味わかりますか?」と、「内容証明郵便の書き方」的な本を片手に言った。すると、食い気味に、「返します返します!」と言う。

その後に続けて出てきた言葉がおもしろい。「返しますから、もう私の○○(アパート名)に近づかないでください!」といって電話が切れた。

…意味がわからん。(でもなんとなく勝ち逃げされたみたいで悔しい)

すでに退去が完了して、ゆうに百キロは離れた所に住んで早半年。「近づくもなにもないだろ。っていうか、とっとと返せば電話しねーよ。」とか思いつつ、結局「馬鹿には勝てん」(ジコ坊風)と思う事にした。

なんか疲れた。呆れた。なんというか、少なくとも、この大家は、「敷金は返還しないのが当たり前」とか、文句を言われたら返そうとかいう考えなのだろう。大家側の事情もあるとかわけのわからんことを言う人もいるが、他人から預かっているものを返還しない理由にならない。

 

今とこれからの賃貸市場

あれから数年、どんどんと借り手市場になりつつあり、法律の番組やら法律のゲームやらが増え、弁護士も司法書士も増大する昨今、それでもなおこのような大家は存在しているようだ。

大手不動産屋ですら、更新料の他に、「契約書書き換え料」名目で5,250円とか請求してくる。そんなもん書き換えたくらいで5000円もらえるならオレがやるわ。

そういうことをするから、どんどん法規制が借り手側に有利に改正され、自分たちの首を絞めていると言うことが理解できないらしい。法律が変わっても、それを知らない借りてばかりだから関係ないと言うつもりだろうか。

これから先、弁護士や司法書士が一挙に敷金返還請求ブームを巻き起こす可能性もある。いつまで貸し手市場で居られるのか。傍観者としても当事者としても楽しみに見ていこうと思っている。

はじめに

わたしは良く後ろ向きになってしまうのです。鬱な状態とでも申しましょうか。そんなときどうするかについて、いくつかの手段を覚え書きしておきます。

1.何もかもを書き出す

とにかく手を動かして「書く」ことで、脳をすっきりさせ思考を始めさせることが重要と考えます。海馬―脳は疲れない (新潮文庫)という本によれば、手を動かすことで脳が働くことが確認されているようですし、私個人としても、手を動かして書きながら考えていくとスムーズに考えが流れていったり整理されていくことを実感しています。

何を書き出すかについては、その時の状況によります。何に悩んでいるのかわからなければ、悩んでいそうなことを列挙して書き出す。どうしたいのかがわからなければ、一つ一つやりたいことをちいさなことから列挙して書き出す。とにかく大事なことは、細かいことでも何でも書くという事です。

書きながら考えながら、思いついたことや気付いたことがあれば、それも書いていく。そこである程度書き尽くすと、頭の中が整理され問題点が浮き彫りになる。そこを足がかりにして前に進んでいく。それがまず1つめの手段です。

2.寝る

単純明快ですが、寝るのは非常に有効な手段だと思います。脳の中の記憶整理は寝ている間に行われますし、ストレスの解消にもなります。

もちろん、眠れない場合にはこの手段は使えませんし、眠ることで「何もしないで寝るオレだめだ…」とかネガティブな方向に行ってしまうのであればつかえない手段です。

3.名言集を読む・見る

名言集であれば何でも良いので、それを読む・見るという手段です。これについては、インターネット上でいくらでも出てきますし、Youtubeなどを見てもまとめられた動画があります。

4.自己啓発本を読む

それなりに評価の高い自己啓発本であれば、何でも良いので読む。私個人は、単純な脳みそで出来ているのでやる気が出ますし、そこから何かを吸収できているのではないかと思っています。

この手段については、読む時間がかかりますし、本が無ければ借りに行くか買いに行かなければなりません。これらの手間はたいしたことはありませんが、出来ないのであれば「上記3.名言集を読む・見る」でも、代用ができると思います。

まだ読んだことがなければ、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」がおすすめです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 113
おすすめ度の平均: 4.0

3 自己啓発本を購入する人
4 比較優位の能力法則 “就活生・人事担当者におススメ”
3 ストレングスファインダーって・・
5 自分を知るためのツールとして
3 自己分析に

4.思いっきり笑う

笑うことは重要です。今はYoutubeやニコ動などで、笑える動画はいくらでもあります。重要なのは、思いっきりという部分です。

どの点でもそうなのですが、自分を責めるのは御法度です。自分を責めるのは癖になりますし、脱出不可能なスパイラルに陥る恐れがあります。なんでもそうですが、前向きになることで解決することが非常に多いです。もちろん、前向きになってもどうにもならないことはありますが、自分を前向きにさせるという事に関してはそうではありません。自分の気持ちの持ちようです。ただ、その持ちようが自然の状態では無理をしなければ前向きにならない。そういうときにここで列挙したような手段の力を借りようという事です。

笑う手段は、次の「5.思う存分、現実逃避をする」とほとんど意味合いは同じです。ただ、時間的コスト的な部分で笑うについては、動画サイトに違法・合法含めて多数のコンテンツがあり、コストパフォーマンスが高い手段に思うので別項目とします。

5.時間を区切って思う存分、現実逃避をする

いろいろと手段はあると思いますが、もうどうにもならなければ、思いっきり遊ぶなりしてすっきりとした気分になることも一つの手段になると思います。しかし、現実逃避が例えば「Webブラウズ」の場合、とりとめもなく現実逃避が続いてしまうので、時間を区切るか、時間が区切られた現実逃避をすると良いのではないかと思います。例えば、漫画喫茶で3時間パックを利用するなどです。

この点についても同じく、自分を責めるのは御法度です。

5.楽しみな予定を入れる

効果として大きいかどうかについては、その予定、その人の考え方次第ですが、一つの手段です。

また、できればパワーをもらえる予定を入れた方が良いでしょう。好きなアーティストのLIVEに行ったり、かならずパワーや笑顔をくれる友人に会うなどです。

また、そこまで行かなくとも人によっては小さな事でも良いはずです。夜には酒をやるとか、ゲームをやるとか、映画を見に行くとかそこら辺でも良いはずです。

6.とにかくやる

なにかをやらなければならないとき、やる気がどうしてもわかなくて出来ないときがあると思います。私なんかしょっちゅうです。

そういうときは、やる気が出るのを待つのではなく、イヤイヤでもやることです。やるとやる気が出ます。脳の仕組み的にもそういうものだそうです。

やってみて、乗ってきたら一言自分をほめることです。だって、それができるあなたは本当に凄いですから。

やってみて、できなかったら自分を責めてはいけません。だって、それ結構当たり前ですから。

そしたら、またここにあるような手段で自分を奮い立たせるのです。

おわりに

「人間は努力する限り迷うものだ」(ゲーテ)

迷っているのなら、あなたががんばっている証拠です。そんな自分すげえと自己満足でも厚顔無恥でもかまわないので褒めて、また前に進みましょう。

 
海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
池谷 裕二 糸井 重里
新潮社
売り上げランキング: 4501
おすすめ度の平均: 4.0

5 組み合わせの勝利
1 う~ん、ジャンル違うじゃん!
5 おもしろい対談。
4 脳は30歳以降、質的に変化する。
1 これは痛い

急に思いついたので、私の感覚で言う「葉巻とパイプ煙草とシガレットの関係」について書いてみたい。
それは、次の表のようなものだ。

 
コーヒーで例えると たばこの関係
缶コーヒー シガレット(紙巻き煙草)
家でミル引きして飲むレギュラー珈琲 パイプ煙草
タリーズなどのカフェで飲むスペシャリティ珈琲 葉巻
 

うむ。この感覚にかなり近い。