ThinkPad X201sのHDDをSSD(SSDSA2MH120G2K5)に換装しました


半年前に購入した「ThinkPad X201s」のHDDをようやくSSDに換装しましたので、レビューしたいかと思います。

 

SSDの快適性を知ってしまうとHDDでは満足できない

私は、ThinkPad X40をSSD化しており、また、別途購入したMacBook AirもSSDということがあって、SSDに慣れてしまっています。
SSDは、静音性、耐振動性、読み書きの速度において、HDDよりも利点が多く、とりわけ駆動部分(モーター)が無いのでPC本体をどんなに揺らしても全く問題がないという点が、雑に扱うことも多い私にはうってつけです。
慣れてしまうと、その快適性は癖になり、HDDの音や振動を感じると煩わしく思います。

また、最近ではどうやってもHDDがボトルネックになっていると感じます。SSD化は、すでにかなり普及してきていますが、SSDが当たり前になる時代もすぐそこだと思います。大容量・低価格ストレージとしてのHDDの価値は揺るぎませんが、システムディスクとしてはSSDがメインストリームになると思います。

 

IntelとCrucialで迷ったが、Intelで。

128GBで、2万円前後のSSDというと、本モデルか、Crucialの「RealSSD C300 128GB」(CTFDDAC128MAG-1G1)となる。
ただ、どうやらCrucialの方はThinkPad X201sとの相性問題が若干例報告されているようです。(参考リンク:Mr.Exception ThinkPad X201sをSSDに換装しました
X201sは、SATA3.0対応なわけでも無いので、めんどくさいのを嫌いIntelのモデルにしました。

 

HDD時のCrystal Disk Mark

HDD時は、以下のような感じです。
ThinkPad X201s HDD時のベンチマーク

 

SSD時のCrystal Disk Mark

SSDに換装したら、こうなりました。
ThinkPad X201s SSD時のベンチマーク

 

まとめ

かなり快適になりました。起動が爆速になったのはもちろん、通常の操作もかなり機敏になりました。ごくまれにプチフリかな?と思うことがありますが、それもごくまれです。
静粛で、快適になったこともさることながら、堅牢なThinkPadがさらに耐衝撃性を備え、安心感が増しました。この安心感が快適性を生むことを実感しています。
おそらくですが、バッテリの持ちも良くなっていますし、若干軽くなってもいます。

懐に余裕がある方は、ぜひ試してほしいです。

Intel SSD 120GB SATA 2.5inch MLC w/Cable Retail K SSDSA2MH120G2K5
インテル (2010-10-29)
売り上げランキング: 287

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です