登記法の勉強をすすめて、だいたい感じがつかめてきました。

どうやら正確かつ細かい膨大な知識をきちんと頭に入れることがまず第一歩のように思います。
そして、それは択一試験でも同じで、しかも択一試験と内容・範囲的にはほとんど同じです。

ただ脳への入れ方と脳からの出し方が違うので、その訓練をしなければなりません。
しかし、それについては、択一を中心に知識を確実に正確にしていく訓練を積むことでなんとかなりそうです。(これは司法試験択一試験に苦しんだ自分の経験からもそんなに間違っていない感覚だと思います。)

あとの問題は、書式の問題への対応・練度をいかに向上させるかです。
これには2つのポイントがあるように思います。

1.どれだけ問題演習をこなすか
2.どのように問題演習をするか

書式の問題は、繰り返し何度といても新鮮な気持ちで解けなそうです。それでいて、現存する書式問題はそれほど数が多くないように思います。
これらの事情のため、一問一問を深く自分の経験に落とし込めるよう注意して解いていかなければなりません。

では書式の問題集で適したものがなにかあるのかと探したところ結構微妙な感じです。

以下、予備校毎のリスト。


【LEC(オンライン本校へのリンク)】

・書式ベーシック(不登法):基本的問題を集中に全60問(2008年6月発行。平成19年3月現在の法改正に対応)
・書式ベーシック(商登法):基本的問題を集中に全42問(2007年5月発行)

基本的な問題で簡単らしい。でも、最後の方は難しいらしい。
問題数や基本事項の確認としてはうってつけのようにも思えたりする。

ただ、これは書籍にではなくLECの各本校か、LECのオンライン本校にて購入が可能。

・合格ゾーン 記述式過去問題集(不登法)
・合格ゾーン 記述式過去問題集(商登法)

過去10年分(平成12年度から平成21年度まで)の司法書士筆記試験で実際に出題された記述式問題を、最新の法令に対応させて編集し、解答・解説を加えた記述式過去問題集

とりあえず、過去問集は抑えておきたい。
ただ、これも書籍ではなくLECの各本校か、LECのオンライン本校にて購入が可能。


【Wセミナー(TAC・Wセミナーのページ)】

司法書士ブリッジ商業登記法 実戦編

司法書士ブリッジ商業登記法 理論編

司法書士ブリッジ商業登記法 実戦編

司法書士 択一・記述ブリッジ 不動産登記法 理論編 (司法書士択一・記述ブリッジ)

司法書士ブリッジ商業登記法 実戦編 (司法書士択一・記述ブリッジ)

多くの合格者が利用していたという話をしているテキストで決定版とも言えるようにも思える。
ただし、不動産登記法の実践編がAmazonでみる限り、2006年9月が最新刊となっている。
WセミナーというかTACのオンラインストアを見ると、「改訂版の発売予定がございます」と表示がされている。

不動産登記法の実践編改訂版がいつでるのかがちょっと明確じゃないのがアレ。でもたぶんこれはやる。難易度は難しいらしく、本試験レベルと同等かそれ以上とのこと。特に連件申請の問題演習が出来るのが良いらしい。


【伊藤塾(伊藤塾のページ)】

うかる!司法書士記述式答案構成力不動産登記 実戦編 第2版

うかる!司法書士記述式答案構成力不動産登記 実戦編 第2版

うかる!司法書士 記述式答案構成力 商業登記 実戦編

うかる!司法書士記述式対策 不動産登記 入門編 (司法書士試験シリーズ)

うかる!司法書士記述式対策 商業登記 入門編 (司法書士試験シリーズ)

うかる!司法書士記述式対策 不動産登記 入門編 (司法書士試験シリーズ)

評判をあまり聞かないのだけど、蛭町講師が良いという話はいろいろと聞く。Amazon評価でも良い感じなので、ちょっと考えてみようかと思っている。実際本屋に見にいかねば。


とりあえず、いくつか選んだのち問題数を集めて、一日一問ずつ解いていくつもりです。

司法の現場には、多様な人材が必要とされる。例えば、医療過誤訴訟には、元医者の弁護士がいればより正しい結果を導くことができる確度が高まるだろう。
このように、司法、裁判という現場には多種多様な状況にかかわる。この世の中にある全ての領域に関わると言っても過言ではない。であるならば、この世の中にある全ての領域に関わる人材が司法の現場にいた方がより正しい判断が出来、より良い司法、より良い社会の形成に役立つ。

新司法試験制度は、多様な人材の確保を一つの目的として創出された。その根拠は、ロースクールを卒業しさえすれば、ある程度容易に司法試験の合格を得られるということをもって、数年間のスパンで資格を取得できる制度であることからだ。
しかし、現実には合格率は3割まで落ち、しかも受験回数の制限が付いている。これでは、「数年人生を費やす」というリスクだけでは図り得なくなってしまい、結局多様な人材は寄ってこないのではないだろうか。

もちろん、旧司法試験に比べたら圧倒的に合格率が高い。旧司法試験は、合格率が1%を切っている。百人受けて一人も受からない可能性のある試験であることを考えれば、新司法試験は「緩い」といえる。だが、相対評価などあまり意味がない。

新旧いずれにせよ、司法の現場以外で活躍する人材を呼び込むには問題が多すぎるようにも思う。結局、「司法の現場そのものの魅力」で引きつけるというならば、新司法試験制度が必要であったのか、疑問でならない。もちろん、ロースクールによる教育の充実によって司法試験受験者の能力平均が上がり、結果として優秀な法曹が生まれると言うことであれば良いことであろうが、もしそれができるならば、旧司法試験のままであっても大学院に行く人が多かっただろう。だれがどうみても、誰がどう考えても、ロースクールで出来ることは司法試験予備校でも出来る。ロースクールでやる必然が見いだせない。それならば、旧司法試験の合格者枠を増やせば良かっただけのようにも思う。むしろ、合格後の修習を充実させる予算に使えばよかったのにとすら思う。

ちなみに、新司法試験制度では、ロースクール合格資格が必要だが、ロースクールへの入学費用・授業料を払えない人は、容赦なく門前払いである。奨学金制度もあるが、高校・大学ともに奨学金にてなんとかやってきた人に、さらに借金をしろとでもいうのだろうか。あわせてゆうに一千万は超える。合格後の修習時、バイトなどが禁じられるにも関わらず、さらに月々の生活費も借金せねばならない。これでは、「司法の現場そのものの魅力」も半減する。結局、「人生を賭けて」臨むほか無いのか。

「残業代出なかったら、さっさと帰る」舛添厚労相が持論

「家族だんらん法案」「早く帰ろう法案」などの名前にすべきだった

おお、明確な印象操作。こんなことが、未だに国民一般に通じていると思っているのかしら。
今回の参議院選挙での自民党の敗北は、失言・年金・定率減税廃止あたりが注目されているけれど、もうひとつ、このW・Eで確実に支持を失っていたことも大きな要因の一つ。

「過労死」「サービス残業」という言葉が、一般に通用するという事実一つをとっても、「残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる」などという認識が誤りであることは明らか。

また、懸念として、

ホワイトカラーエグゼンプションにより労働時間は経営者の管理対象から外れるので、万が一従業員が過労死した場合も、従業員の自己責任で片付けられる可能性が出てくる(奥谷禮子などすでにそう公言している経営者も多い。奥谷の発言は「06/10/24 労働政策審議会労働条件分科会 第66回(議事録)
(Wikipediaより引用、ちなみに、奥谷禮子氏は、日本郵政株式会社社外取締役)

そもそも、「働き方の改革」をしたいのならば、なぜ、日本経団連などの「使用者」側の意見を広く取り入れるのだろうか。「労働者」側からの意見を広く取り入れるべきではないだろうか。

flanklin_sevenhabits_IMGP0465.jpgflanklin_sevenhabits_IMGP0466.jpg

flanklin_sevenhabits_IMGP0467.jpgflanklin_sevenhabits_IMGP0468.jpg

flanklin_sevenhabits_IMGP0469.jpg

というわけで、私の今年4月からのリフィルは、「7つの習慣」デイリーリフィルとなりました。
カラフルで、みてるだけで楽しいです。
やはり楽しいというのは重要です。気持ちよく使えます。
また、コラム欄が2カ所というのも、楽しさに貢献しています。ただ、その分メモ欄の行数が少ないなど実用性の面では、オリジナルデイリーリフィルの方が優れているように思います。
値段もおよそ倍ですし。

先日、肢別本・民法を買った。

前回買ったときは、ぜんぜんわからなくて楽しくなかったが、今では9割方正解出来る。
とすると、ほんとに楽しい。
自分の弱点も明確になってきて、やっている意義も感じる。

でも、「楽しい勉強」というのは、実は危険であると思っている。
試験勉強である以上、楽しい部分もあるが、大部分はキツイものだと思う。
楽しいからといって、それにとらわれすぎないように、キツイ勉強もしていく。
刑法の最近の問題とか。(学説整理が全然出来てないだけだが。)