zenbag正面からの全体図。やはり緑は明るめに写っている

一部のノマドワーカーで話題になっていたノマドワークにぴったりなバッグ「zenbag」がついに届きました。

zenbagとは?

zenbagは、TAROSITE.NETを展開されている、松村太郎さんがプロデュースしたiPadがすっぽり入るショルダーバッグで、実際にノマドワーカーとして海外でも活躍されている松村太郎さんが考案したということで、かなりコンセプチュアルなバッグになっています。

入るものを限ったバッグ、いわば断捨離バッグとも言えるもので、「小型なのにノマドワークに必要なものが全て入る」というようなバッグになっています。
最初は、電子デバイスとしてiPadのみが想定されていたようですが、iPadとMacbook Ari(11インチ)の横幅がほぼ同じということで、Macbook Air(11インチ)も入るようになっています。

 →バッグのアイデア着想についての記事:iPad用のノマドバッグのデザインについて | TAROSITE.NET

試作版デザイン写真を見てすごく欲しくなった

数ヶ月前に、雑誌flick! vol.5で解剖されていた試作版zenbagを見て、「これは欲しい!」となりました。

さらに、TAROSITE.NETにて、試作版のファーストインプレッション記事(iPad/Macbook Air用ノマドバッグ #zenbag のサンプルができました。 | TAROSITE.NET)を見て、欲しい気持ちが募っていきました。

Macbook Air、Wi-Fiルータ(Androidスマートフォン)、ロディア、万年筆、eneloop mobile boosterが入る小型でかわいいデザインで、素材は丈夫で上質なナイロンと私の大好きな本革という、どストライクなバッグだったのです。

以後、開発・発売元であるTAROSITE.NETさんをちょいちょい見ていて、9月に予約開始となり(iPad / MacBook Air用ノマド断捨離バッグ #Zenbag オーダー開始です | TAROSITE.NET)、12月発送予定というような流れでした。

実は、私が購入したのでは無く、誕生日プレゼントとしていただいたもので、12/9誕生日→12/10到着というなんともすてきなタイミングでした。
9月の予約開始記事をFacebookで「いいね!」したところ、友人が「どっちの色がいいんですか!?」と電話をしてきて、購入してくれたという、なんともzenbagを知ってから届くまでの流れがすべてステキな感じでした。

 →TAROSITE.NET内zenbagカテゴリ記事一覧:zenbag | TAROSITE.NET

実物の感想は?

届いたzenbagの色合い。もっと落ち着いた緑だが写真ではまだ明るい写真だともっと蛍光色なのかと思っていたのですが、かなり落ち着いた緑でとても良いです。右の私が取った写真(Xperia arcで撮ってるという適当ぶりは内緒です)だと、だいぶ暗いですが、これよりもさらに暗い緑です。

ナイロンを使用していることで、どこか安っぽく見えるかと思っていたのですが落ち着いた色合いということもあって、とても落ち着いた印象を受けます。本革の風合いもとても良く、ナイロンと本革が一つの個性を生んでいる気がします。

zenbagの内部はこんな感じ。マチ部分が中身のはみ出しを防ぐ。内部処理もきれい。全体的に完成度が非常に高く、職人さんに感謝です。正直イメージしていた完成度通りで、文句の付け所がありません。
ちゃんとMacbook Air(11inch)も入りますし、iPadやSony Tablet Sは、余裕です。

zenbag背面のポケット中のシークレットポケットにXperiaを入れていた図背面のシークレットポケットも、バイブレーションに気づきやすそうで良いですし、ショルダーバッグとして利用するための肩掛け紐も、本革があしらわれており、全く安っぽくありません。

zenbagに、Macbook Air(11inch)、ロディアNo.16、Xperia、キャップレスデシモを入れてみた図。まだ余裕。使いやすさの面でも安心感があって良いです。iPad/MBAを入れる奥の部分は、マジックテープで留めて、ゴムバンドで押さえられるようになっていますし、左右のマチ部分は、内部のものが外にはみ出たりしなそうです。
外底部に鋲がついているのも安心ですし、ふたに付いたバンドには磁石の留め具が付いていて、空いてしまうのを防いでくれそうです。

不満点はわずか

内底部には、クッション付きの板がおかれているのは安心ではあるのですが、どうもこの板が落ち着いてくれません。後ろに重いもの、前に軽いものを入れると、クッションの膨らみを始点として傾いてしまいます。クッションは、底部に縫い付けてしまってもよかったのではないかと思います。

ナイロンで丈夫そうなので、バッグ自体の底に問題ないとは思いますが、衝撃で内部のMacbook Airに問題が生じないかすこし心配になります。

あとは、ふたのバンドを二つの止めに通すのが若干めんどいかなと思う。めんどくさがりな私は、一つに通すだけで済ませてしまいそうだ(それでも留め部分が絶妙なはまり具合で、問題なさそうだけど)。

しかし、zenbag良いぞ!

不満点を指摘しましたが、しかし! とても良いバッグです。少なくとも私にはドンぴしゃ。ThinkPadが入ればなぁとか思ったりもしますが、MBAで困ることほとんど無いので、ノマド状態な時には持ち出しが増えそうです。

とても小さく見えるのに、さりげなくMBAが入るというのが素晴らしいです。ホントにこの鞄一つでどこででも仕事出来てしまいます。丈夫でかわいくて、必要なものが入って、便利。

これ以上のものがあるのかというくらい気に入っています。
まだ、これをもって出かけてないのにエントリー記事あげてるのがちょっとアレですが、これからこいつと共にでがんがん出かけたいと思います。

オレも/私も欲しい!という方は、こちらのストアで購入できます。とてもおすすめですよ。:iPad用ショルダーバッグ Zenbag Taro Matsumura Electronics Store

flick! 5(フリック) (エイムック 2241)
エイ出版社 (2011-08-20)
売り上げランキング: 98722

タイトルで結論を言っていますが、長時間タイピング時は、やはりThinkPadの方が疲れにくくて良いです。

以前、両マシンのキーボードを比較した記事をアップしており(→MacBook Air(2010年モデル)とThinkPad X201sのキーボードの比較)、その時の結論としては、「両方良い」「MBAでも十分」という話になっていますし、それは今でもそうだと思います。

ここ半年ほど、CakePHPでのオリジナルQ&Aサイトシステムの作成をMacbook Airのみで行い、それが終わると今度は、ThinkPadのみでMODxベースでのサイト構築、WordPressベースでのブログ構築、その他コンテンツの作成などをずっと行っています。

前者と後者では性質が違うのですが、やはりThinkPadキーボードの方が疲れにくいなと感じます。Macbook Airも、上記作業中困らなかったくらい優秀なキーボードだと思うのですが、ThinkPadキーボードの余裕といいますか、懐の深さを感じます。

疲れにくさという観点から言うと、以下の3点が大きいのかなと思います。

  • キーストロークの深さの違い
  • 7列キーボードでのHomeキーやEndキーがある(Macだとコマンドキー+矢印など2キーによる操作になる)
  • TrackPointでホームポジションからの手の移動が少ない

Macbook Air(11inch)が、あのサイズであの快適さというのも驚きなのですが、ThinkPadキーボードの良さをあらためて実感しています。

ThinkPadといえば、独特のポインティングデバイスであるTrackPointです。赤いポッチですね。
この赤いポッチは、ゴムで出来たキャップをかぶせてあり、3種類あります。このキャップは、地味ですが、指へのフィット感と、TrackPointへいかに圧力を伝えるかという重要な役割を担っており、TrackPointの使い勝手に大きく影響するきわめて重要なパーツです。

TrackPointの感触がどうも合わないという方は、このキャップを違う種類のものに変えると、かっちりハマって「おおっ」となるかもしれません。それくらい重要なパーツなのです。

そのキャップは、「ソフトリム」「ソフトドーム」「クラシックドーム」の3種類になっており、それぞれ特色がありますが、私は「クラシックドーム」じゃないとダメなタチです。

そして、このクラシックドームは、ゴムだけでなく表面に繊維が張ってあり、これが汗か皮脂の汚れで摩耗するため、快適な操作性を維持するには定期的に交換が必要になります。少なくとも私は定期的に交換しています。

交換用のキャップは、純正のものが売っているのですが、「クラシックドームのみが入ったもの」は販売が終了しており、「3種類が3つずつ入ったもの」(Lenovo ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション [73P2698])しか選択肢がありませんでした。

ずっと、この3種類セットを他の2種類を使わないのに購入していて、悶々としていました。しかし、純正では無いながら、「クラシックドームのみが入ったもの」が、Amazonで販売しているではありませんか(ThinkPad 用 トラックポイント・キャップ 10個セット (クラシック・ドーム・キャップ) )。

とはいえ、このキャップは、上述の通り、地味ながらとても重要なパーツなのです。「感触」というアナログな部分なので、「はたして非純正で使い勝手が悪くならないのか」が気になるところです。

そんなわけで、購入して試してみたのでレポートしてみたいなと思います。

ThinkPad 用 トラックポイント・キャップ 10個セット (クラシック・ドーム・キャップ) の感想

非純正キャップは、こんな感じ実際に届いたものは、右画像のようなものです。
純正のクラシックドームを利用している方は見てわかると思いますが、かなりの完成度で純正と遜色ないことがわかると思います。実際の触った感触や指へのフィット感も大して変わりません。

とはいえ、若干純正品よりもわずかに軽く、わずかに薄く感じました。したがって、わずかに感触としては異なります。しかし、非純正をはめてしばらく使っていると、すぐに慣れてしまい、”あえて比べないと”わからないくらいの違いです。

非純正キャップをThinkPadに装着してみた図実際に装着してみた感じが右写真です。全然違和感がありません。

非純正キャップのパッケージそんなわけで、とても大満足でした。
一つ160円程度と、安くは無いのですが、10個もあればしばらく補充の必要も無いというのも快適なポイントです。

また、右画像のようにパッケージもジップロックのように封が出来るタイプのものになっており、便利に感じます。なかなかにすばらしいです。

そんなわけで

クラシックドームキャップのみを購入したいと思っていた方におすすめできる商品です。
amazon(以下リンク)で購入できます。amazonのレビューで酷評しているレビューは、クラシックドームではなくソフトリムに対してですので気にしないで良いと思います。

オープンソースとFirefox、Chromeのイメージ

TechWave.jpにて、「Firefoxがピンチ シェア低下、人材流出、Google契約打ち切りで【湯川】 : TechWave」という記事が上がっている。

記事の最後に、エントリー主の湯川氏による感想があり、こう書かれている。

今年9月にサンフランシスコで開催されたTechCrunch Disruptを取材したときに元TechCrunch編集長のMichael Arrington氏が「Firefoxなんて使ってるやつなんてもういないだろ」と語っていたので、少々驚いた。そうかシリコンバレーのアーリーアダプターの間ではFirefoxってあまり使われていないんだと思った。

(途中略)

それにしてもオープンソースって新しい時代の究極のビジネスモデルとして期待されていたのに、どうして機能しなくなったんだろう。ちょっと考えてみたい。読者のみなさんはどう思われます?

Mozilla Firefoxには、とてもお世話になったし、Mozillaが無ければ、今のIT業界とくにブラウザ業界の進化はこうなっていなかったかもしれないとも思う。(特にFirebugとFireMobileSimulatorにはお世話になった)

とはいえ、私もすっかりメインのブラウザは、Chromeになってしまっている。ブラウザシェアを見ても、実際使用している実感としても、ChromeがFirefoxよりもユーザーのニーズに応えていることは明白だと思う。

なぜこうなったのか。単純にGoogleがすごいという話もあるが、そもそもChromeのベースとなっているHTMLレンダリングエンジン「WebKit」はオープンソースプロジェクトだ。Googleか、オープンソースプロジェクトかという話では無いのだろうと思う。

上記の湯川さんの質問を見て、少し考えて思うことは、組織って以下の順で良いのかなということ。

統制された組織

緩い統制による自由な集団

統制されていない組織

とても多義的な表現になってしまってアレなのだけど、統制された組織というのは、要するにリソースを正しい方向に集中して投じることが出来る組織のことで、例えばAppleがこれに当たるのかなと思う。GoogleのChrome開発チームがこれに見える。

緩い統制による自由な集団は、キチキチな統制では無いが統制はとれていて、ただリソースがやや集中していない組織。これがオープンソース集団のイメージ。オープンソース集団と言っても多数・多種あるので、もちろんこれに該当しない組織もあるだろう。

統制されていない組織は、よくあるダメな組織だ。目標設定が正しくないか、それに向かうリソースの集中が出来ないか、またはその両方を発症している組織で、やるべき事とやってはいけないことが不明確な組織だ。Microsoftがこうだったかはわからないが、やっとIE9で追いついたくらいInternet Explorerは方向性を間違っていた(ないし自分の進む方向に周りを向けられなかった)と思う。

もちろん、その組織に集中したら結果を出せる人材や資金などのリソースがあることが前提になるけれど、組織はやはり統制されているかどうかと人材・資金などのリソースがあるかどうかなのだろうと思う。

オープンソースは、士気の高い人材が集まりやすいとも言えるし、ある程度気の合う仲間同士で集まるから、なんだかんだ緩い統制が働く。だから、ダメダメな組織に比べたらよっぽど良いプロダクトが生まれるだろう。

しかし一方で、人材と資金がある統制された組織より優れたプロダクトを出せるかというと、そうでは無いのかもしれないとも思う。しかも、その組織はオープンソースによって出来上がったプロダクト・成果を自由に利用できるのだ。

今後ますますMozillaは、Googleの後塵を排することになるだろう。それはオープンソースだからというよりかはむしろ資金と人材が流出したからだ。
とはいえ、それらピンチによって、Mozillaがより統制された組織に近づいていくかもしれないとも思うのだ。

そうなると、Chromeに食われ尽くすこと無くFirefoxは一定のシェアを保ち続けるかもしれない。
持続していく上での問題はFirefoxというプロダクトの質よりも、資金の面で組織や人材を保てなくなることか。

届いたThinkPad X201s用日本語配列キーボード

ThinkPad X201sのキーボードを交換してみました。どうにもESCキーの効きが悪かったのと、交換自体に興味があったのです。
今回は、日本語配列キーボードをヤフーオークションで落札して(1980円)、交換してみました。別途、英語配列キーボードもヤフーオークションで落札して(2500円くらい)いて、あとで、英語配列キーボードを試したくなったら試してみようと思っています。

簡単な交換作業

交換作業は、こちら→[定番記事 ThinkPad X200 X200s 英語キーボード換装手順 – Blog:TP Geometry]の記事を参照していただければわかるように、とても簡単です。

Lenovoのサイトに公式にハードウェア保守マニュアルも公開されています(→download.lenovo.com/jp/mobiles_pdf/43y6632_07_j.pdf

▼開けてみた図▼
ThinkPad X201sを開けてみた

▼取り外したキーボード裏面の型番表示▼
取り外したキーボード裏面の型番表示

あっという間に終わりました。小さめのプラスドライバーが必要でした。

使用感

ThinkPad X201s用の日本語配列キーボードは、型番レベルで2種類あります(42T3762・42T3696)。
42T3762がchicory製で、42T3696がMNB製という話です。

で、もともと付いていたのが42T3762(chicory製)で、今回届いたのが42T3696(MNB製)でした。
確認しないで購入したのですが、これが嬉しい誤算でした。ぜひ比べてみたいと思っていたからです。

比べてみた感じ、MNB製(届いた方)がよりメカニカルな感触です。キーを押し下げた感触が明確です。これはキーはわずかな違いですが、TrackPointのクリックにおいてはより明確に違います。MNB製の方がはっきりとクリックした感がわかる感触です。Chicory製の方のTrackPointのマウスクリック感は、押し下げ感はあるのですがクリック感が無かったのです。MNB製は、どちらもはっきりとしていて、こちらのほうが好みです。

TrackPointのマウス操作も、MNBの方がはっきりしていて、かつ軽い感触です。少し戸惑いましたがすぐに慣れました。

あとの違いとしては、TrackPoint(キャップをかぶせる部分)の色が違います。42T3762(Chicory製)の方は、白いのですが、42T3696(MNB製)の方は黒いです。これは白い方がわかりやすくて好きです。キャップはめちゃえば関係ないですが。

普通に購入すると高いキーボードですが、安く手に入り、嬉しい誤算もあり、しかもMNB製の方が好みに近い感触で大満足でした。

また英語配列キーボードを試してみたときにエントリーしてみたいと思います。