メタルギア ソリッド ピースウォーカー HD エディション(PSP版がHDリマスターしてPS3用ソフトになった)を購入してちょっとやってみました。

自分の中でゲームで一番好きなシリーズは?と聞かれると、MGSシリーズがまず浮かびます。万人におすすめできるゲームではないのですが、PlayStation~PS3で発売されたMGS~MGS3と、MSX版メタルギア(PS2のMGS3Subにおまけで付いてきたやつ)をやりました。

この中で一番好きなのは、MGS3でストーリーもゲームとしてのおもしろさも高い次元でまとめられていると思います。MGS4も、もちろんおもしろいのですが、膨大な伏線を回収するにどうしても映像の方が多くなってしまったという印象がぬぐえません。

今回購入したピースウォーカーは、MGS3の後におきた過去の出来事で、主人公であるスネークは、ソリッドではなくビッグボス・ジョンの方のスネークになります。回収すべき伏線は、おそらくほとんどなく、自由にストーリー構成やゲームシステム開発が出来たのではないかと予想しており、よりゲーム性が強くなった気がします。

もちろん、MGSシリーズ独特の隠れて見つからないように進むというゲーム性も失われていないので、生粋のMGS好きにも楽しめる無いようではないかと思います。

そんなわけで、PSPを持っていないために出来なかったPS3持ちのMGSファンの皆さんにオススメです。

半年前に購入した「ThinkPad X201s」のHDDをようやくSSDに換装しましたので、レビューしたいかと思います。

 

SSDの快適性を知ってしまうとHDDでは満足できない

私は、ThinkPad X40をSSD化しており、また、別途購入したMacBook AirもSSDということがあって、SSDに慣れてしまっています。
SSDは、静音性、耐振動性、読み書きの速度において、HDDよりも利点が多く、とりわけ駆動部分(モーター)が無いのでPC本体をどんなに揺らしても全く問題がないという点が、雑に扱うことも多い私にはうってつけです。
慣れてしまうと、その快適性は癖になり、HDDの音や振動を感じると煩わしく思います。

また、最近ではどうやってもHDDがボトルネックになっていると感じます。SSD化は、すでにかなり普及してきていますが、SSDが当たり前になる時代もすぐそこだと思います。大容量・低価格ストレージとしてのHDDの価値は揺るぎませんが、システムディスクとしてはSSDがメインストリームになると思います。

 

IntelとCrucialで迷ったが、Intelで。

128GBで、2万円前後のSSDというと、本モデルか、Crucialの「RealSSD C300 128GB」(CTFDDAC128MAG-1G1)となる。
ただ、どうやらCrucialの方はThinkPad X201sとの相性問題が若干例報告されているようです。(参考リンク:Mr.Exception ThinkPad X201sをSSDに換装しました
X201sは、SATA3.0対応なわけでも無いので、めんどくさいのを嫌いIntelのモデルにしました。

 

HDD時のCrystal Disk Mark

HDD時は、以下のような感じです。
ThinkPad X201s HDD時のベンチマーク

 

SSD時のCrystal Disk Mark

SSDに換装したら、こうなりました。
ThinkPad X201s SSD時のベンチマーク

 

まとめ

かなり快適になりました。起動が爆速になったのはもちろん、通常の操作もかなり機敏になりました。ごくまれにプチフリかな?と思うことがありますが、それもごくまれです。
静粛で、快適になったこともさることながら、堅牢なThinkPadがさらに耐衝撃性を備え、安心感が増しました。この安心感が快適性を生むことを実感しています。
おそらくですが、バッテリの持ちも良くなっていますし、若干軽くなってもいます。

懐に余裕がある方は、ぜひ試してほしいです。

Intel SSD 120GB SATA 2.5inch MLC w/Cable Retail K SSDSA2MH120G2K5
インテル (2010-10-29)
売り上げランキング: 287

chrome logo

以前、私が、Mozilla Firefox から Google Chromeに乗り換えない5つの理由というエントリーで、私がFireFoxからChromeに乗り換えられない理由を述べた。

しかし、昨日からChromeに乗り換えることにしたのでその理由を述べてみたい。

 

1.速い

起動が速い。Pentium M 1.6GHzのThinkPad X40(SSDに換装済み)でも一瞬で起動する。もちろん、メイン環境であるデスクトップでも一瞬である。これは、後に示すようにChromeをdev版にしても、必要なExtentionをいくつか入れても同様である。

 

2.快適である

速いから快適なのではない。速いうえに快適なのだ。これは、MacOSやiPhoneのインターフェースにも学ぶところが多いだろう。操作でもたつくことがほとんどない。

 

3.拡張機能搭載でFirefoxとの差を大部分解消している

上記2つは前からわかっていたことだが、この部分が今回は大きく作用し乗り換えに至った。Chromeは、beta版 or 開発版を導入することでExtentionを利用できる。Extention自体や、利用しているExtentionについては、後述する。

・beta版の導入:こちらのリンクからダウンロード&インストール
・dev版の導入:通常版もしくはbeta版のChromeをインストール後、こちらのdev channelから、「Dev channel」をダウンロード&インストール

 

4.ブックマークレットでFirefoxとの細かい差を解消できる。

例えば、Firefoxの拡張機能で「Make Link」というものがあるが、これは、ブックマークレットで代用できる。(⇒Google Chrome で使う Make Link の代用ブックマークレットのジェネレータ : zontheworld

 

5.上記までで解消された差をもって、「あとはなんとかなる」状態になった

まだ、ChromeとFirefoxの機能の差は埋まっていない。だが、Chromeの起動の早さ、操作の快適性とトレードオフするには十分なほどに差が埋まった。

どのバージョンからかは知らないが、現在の最新dev版だと「右(左)のタブをすべて閉じる」とかも出来るようになっていて便利。あとは、Firefoxでいう「Tab Mix Plus」のようなインターフェースの好みを調整できる機能が欲しいが、これは好みの問題なので慣れれば問題ない。例えば、Chromeを利用する際、リンクを新しいバックグラウンドのタブで開いてほしいなら、「ホイールクリック」か「右クリック→新しいタブで開く」か、もしくは「Ctrl+クリック」すれば良いだけの話。タブバーでホイールスクロール出来ないのは我慢する。Firebugが無いが、最近「要素を検証する中毒」になっていたので、それを直すという意味でOK(^^;

 

6.マルチプロセスである

Chromeは、タブごとに独自のプロセスで動いており、一つのタブが落ちてもそのタブまで一緒に落ちることがない。というかその前に、Chromeの場合、メモリリークなどでブラウザが落ちることがほとんど無い。今後、Extentionの関係でそのようなことが増えることを懸念しているが、実際Extentionを入れて使ってみてもその安定性に揺るぎがない。これが開発版でこうなのだから驚嘆する。Googleは、Chrome OSなどを見ればわかるようにブラウザをもっとも大切なアプリケーションの一つで、プラットフォームでもあると捉えているだろうが、この安定性はその現れだろう。

 

 

ChromeのExtentionについて

Google Chrome Extention Gallery ロゴ

こちらで公開されています(サイトは英語です)。

Greasemonkeyについては、Chromeにデフォルトで入っているようでExtentionを入れる必要なく、そのまま「*.js」ファイルをクリックでインストールできます。(少なくとも私が入れている開発版ではできました。*.jsもExtentionの一つとしてインストールされます。)

ちなみに、使っているChromeがExtentionsに対応しているかどうかについては、右上の設定マークをクリックして、「拡張機能(E)」があれば使えるバージョンであると思われます。

以下、私が利用しているExtentionsについて記載したいと思います。

 
ブックマーク同期機能を実現するExtention。Chromeにもver.4からブックマーク同期がついたが、Chrome間のみ。Xmarksは、ChromeとFirefox間でもとれる。Firefoxも利用するのでこれを入れる。
ソーシャルブックマークサービス「Del.cio.us」用のExtention。これは公式のものではなく、しかも使い勝手が悪い。Firefox用の公式プラグインみたいにブックマークする際に「Save」ボタンがなく、マウス操作後Enterキーを押す必要がある。また、これまでのブックマークやブックマークコメントを参照できない。後述の公式はてなブックマークChrome Extentionは、できるため乗り換えようか検討中。Firefoxにもはてなのプラグインあるし。
マウスジェスチャー。「Tab Mix Plus」などでタブインターフェースの好みを調整できないので、その分をこのマウスジェスチャーで補う。Mozilla FireFoxで「Fire Gesture」とか「All in one Gesture」とかを利用していた人ならたぶんだけど違和感なく乗り換えられる。「↓→:タブを閉じる」「↑↓:ページの再読込」とか。カスタマイズも可能。
ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」用の公式Extention。前述の非公式delicious用Extentionとは違い、非常に使い勝手が良い。ただページに付けられたブックマークコメントを参照するだけでも便利。
Gmailにいちいちアクセスしなくても未読メーセージ数を表示してくれるし、ボタンを押せば新しいタブでGmailを開いてくれる。Gmailユーザーなら便利ではないか。
Firefox用のTwitterBarとはちょっと異なるが、非常に使い勝手が良い。
 

まだ残る差について

詳述はしないが、以下覚え書きとして列挙する。

 
  1. Mac版が、Leopard以降対応(Tiger未対応)
  2. Firebug
  3. タブインターフェースの好みを調整する機能が無い
  4. del.cio.usのExtentionsの使い勝手がそんなに良くない
  5. できれば、「Make Link」相当の機能はブックマークレットではなくExtentionでもっとスマートに利用したい
 

参考サイト

このブログは、WordPressというCMSを利用して運用しています。WordPressは、非常に簡単な操作で運用ができ、デザインが優れたテンプレートが豊富、しかも細かい編集も容易に可能です。最大の特徴は、豊富なプラグインがあり、簡単に機能が拡張できる点です。CMSとしては、MovableTypeと並んで、現在もっとも有力なものといえるでしょう。

ただ、WordPressは、PHP+MySQLという構成で、他のフリーブログサービスでの採用実績がほとんど無いため、自分でサーバーを建てるか、レンタルサーバーを借りて利用するしかありません。とはいえ、無料のレンタルサーバーでMySQLを利用できるというのはほとんど無く、結局有料のレンタルサーバーを利用することになります。

私は、レンタルサーバーを利用しても、せいぜいblog、Wiki、その他HP作成、PHPの勉強くらいにしか利用しないので、そんなにハイスペックも多くの容量も必要ありません。ですので、できるだけ簡単で出来るだけ安価なレンタルサーバーを利用したいと思いました。

ただ、300MBとかそこらの容量では、WordPressをインストールした分の容量を差し引いて考えても、少々窮屈です。いろいろ考えて、1GBは最低ほしいと思いました。
また、ドメインの取得ができることと、サブドメイン(「http://blog.hogehoge.com」のblog部分)が無限に設定できることもポイントです。URLが無駄に長くなるのはあまり好きじゃないので。意外にサブドメイン取得数が制限されているレンタルサーバーがあるので驚いた記憶があります。

運用してみて一番思ったのが、サーバーレスポンスと安定性が一番大事です。

いろいろ検討した結果、XSERVER(エックスサーバー)のX10プラン(月1,050円)を利用することにしました。8ヶ月ほど運用してみて、非常に満足しています。

満足ポイントは、いかのようなものです。

  • レスポンス・安定性まったく文句なし。っていうか、レスポンス速い。FTP時の快適性が無料のレンタルサーバーとは全く違う次元です。
  • WordPressの自動インストールに対応。FTPやコマンドライン、設定ファイルの編集など必要なく、PHPとDBの設定をして、管理メニューから自動インストールを選ぶだけ。
  • 容量が、十分な5GB(X10プランの場合)
  • データベースが、5つまで利用可能(X10プランの場合)
  • サブドメインの利用数制限数なし
  • マルチドメインも利用制限数なし

SSHが使えないなどの点で、不満を覚える方もいるかもしれませんが、同価格帯のレンタルサーバーに比べれば、抜群に機能が豊富で、レスポンスも速く、正直全く乗り換えようとも思いません。

WordPressの他にも、Movable Type Open Source、Xoops Cube、osCommerce 日本語版、Zen Cart 日本語版、PukiWikiの自動インストールに対応しています。自動インストールに対応していないものでも、インストールが可能なものがあります。私が一つ試したのは、EC-CUBEですが、問題なく動作しました。

欠点として、ドメイン取得料金が少し高いことです。業界平均からすれば安い方であるのですが、最安ではないです。外部ドメインを利用したこともできるようですが、私は利用したことが無いのでどのような使い勝手なのかちょっとわからないです。

どうやら、XSERVERでは容量の増加とサーバーの増強を行うようで、X10プランでも容量が倍増し10GBになるようです。(⇒参考リンク:ニュース | レンタルサーバー 低価格で最高クラスのエックスサーバー)とりあえず、レスポンスと容量に関してはコスト比で最強のレンタルサーバーであるように思います。おすすめです。





XserverのHPで内容を見てみる

SAROME「PSD09-07」イメージ画像1

以前のエントリーで、パイプ煙草の着火具に悩み、パイプ煙草用のライターを購入したと書いた。
届いてすでに常用しているので、感想を書いてみたい。

購入したのは、SAROME(サロメ)の「PSD09-07」というもの。もう少し太くてZIPPOぽい型もあった(PSD1-57)が、着火回数がそんなに変わらないのと、やはり小さい方がいろいろと使いやすいので「PSD09-07」に決めた。

SAROME「PSD09-07」イメージ画像2SAROME(サロメ)に決めた理由は、コストパフォーマンスが最大の理由。私の好みは、デザインがシンプルで、長く使えて、メンテナンスが容易なもの。それでいてものづくりの心が感じられればなお良い、という感じ。そのすべてがSAROME(サロメ)のライターにはあるように思う。

届いて開けると、ネックレスが入っているかのようなケースの中に鎮座していました。高級ライターとしては安いほうだが、100円ライターに比べれば高い買い物だからと言うことか。非常に満足。というか、こういう演出があると大事に使いたくなる。

SAROME「PSD09-07」イメージ画像3
着火は非常にスムーズ。斜めに炎が出るので紙巻き煙草にもパイプ煙草にも着火がしやすい。着火してしまえば、あとは持ってるだけで火が消えないZIPPOのようになっているので、便利。

フリント(着火石)の交換も簡単で、ZIPPO用のフリントも使えた。ガスの交換も確実に行える。ちなみに、ウインドミル純正のガスでも使えた。とはいえ、消耗品は純正品が一番良い。問題は近くに売ってないこと。楽天で探したけど、フリントだけ買うのに送料500円払うのがばかばかしくてやめました。ZIPPO用のフリントはたいていコンビニで売ってますから、ZIPPO用のにしてしまいました。

そんな感じで特に不満も不便もなく、便利に使っています。長くお世話になる予定です。

 

SAROME サロメ ライター PSD9-07 ニッケルサテーナー


SAROME純正ガスリフィル

SAROME純正フリント

ZIPPO用フリント(普通郵便発送対応)