iPad Pro 11 inch Wifi Cellular 2018 fall を 1ヶ月使ってみて思ったことをつらつらと

Pocket

iPad Pro 11 inch 2018 fall イメージ

iPad Pro 11 inch Wifi Cellular 2018 fall を購入してから 1ヶ月の間、愛用しています。
その中で感じたことを追加で述べていきたいと思います。

過去エントリ:iPad Pro 11inch Wifi Cellular を購入したのでレビュー

Face ID が、iPhone XSよりも早い

指紋の Touch ID から Face ID に変わり、さらに iPhone とは異なり縦でも横でも認識してくれるのが特徴の iPad Pro の Face ID なのですが、iPhone XSと比較してすぐに認識してくれるという印象です。

Smart Keyboard folio を利用している時には、スペースキーを2回押すだけで、スリープから復帰し、Face IDが作動、HOME画面を開いてくれるのが、便利です。

ブログ更新が捗る – 機動性が高い

さっと開いてキーボードセットして、スペースキーを2回押して、iA Writerを起動して、ブログ記事を書き始めて、Cellular(4G)経由で、すぐクラウド同期されて保存される。

移動中、または移動し終わってから、すぐにまた開いて再開できる。
Wordpressアプリも便利で、細かいことを気にしなければ、さっと書いて、さっとアップできる。画像の編集やアップロードもiPad上の WordPressアプリ上でできますし、同アプリからブラウザの管理画面も普通にひらけますし、8、9割の作業をiPad Pro上で行うことができます。というか、ここのところのiPad系記事は、すべてiPad上で完結しています。

便利です。ブログ記事すごいサボってたんですが、続けていけそうです。ネタがあれば、ですけど。

Smart Keyboard folio が重い

Smart Keyboard folioをつけたままの重さと、外した時の重さを比較するに、結構な差があることに気づきます。どのくらいの差かというと、私の感じる限りですが、片手で持って作業をする気になるかならないかくらいの差です。
本体だけであれば、468gなのですが、Smart Keyboard folioをつけると770gくらいになります。iPad miniと初代iPadくらい違いますね。私は、iPad2も持っていますが、結構重くて片手で持ち続けるのはキツいと思っています。逆に言えばキーボードがついてこの重さなので時代の進化を感じます。

まぁ、あまり片手で持ちながら何かをするということはないのですが、たまに歯を磨きながら楽天マガジンで雑誌をみたりすることがあります。
上記のようなわけで、その時には必ずカバーを外します。はめ込み式ではなく、マグネット式ですぐ外せるのは良いのですが、カバーを置いておくところに少し困る感じです。

iPad mini の方が軽い

当たり前なのですが、iPad mini -の方が軽くて持ち歩く気が起きます。大きさもちょうどいいです。iPad Proサイズだと顔が隠れるくらいで片手で持ってその手で操作するには大きいです。まぁ、ファブレット(iPhone XS Maxとか?)にすべきなのかな、そういう用途は。
いずれにせよ、iPad mini 5 を早く出すべきだと感じます。

Pencil (図を書いたり、お絵かき)が楽しい

Pencil で図を書いたり、お絵かきしたりがすごい楽しいです。特に何の意味もなく、目に止まったたものをスケッチしてるとかなり楽しいです。
すいません、それだけです。

似たようなエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください