Mac開発イメージ by pixabay

かなり昔(2011年8月)の当ブログ記事開発者 or ITに詳しい人がMacを選ぶ10の理由 | Lunarian's Blog(まだコメントがあるので非公開にし、本記事にリダイレクトするようにしました。)ですが、いちおう当ブログ内では一番アクセスがあるようです。放置していてほとんど忘れていたのですが、ちょいちょい「Mac別に安くねーだろ」などのツッコミが入っています。

2011年当時の記事なので、今言われても困るなぁと思いつつ、開発環境など時代も変わってきたので、ここでひとつ2016年版をまとめてみようと思いキーボードを叩き始めた次第です。

その前に1:価格について

2011年当時、Macは割と安かったと記憶しています。まあ、もちろん最安値で探すならWindowsが選択肢になったでしょうが、同スペックや同フォームファクターで比較するならMacに価格優位性がありました。
ただ、現在では特にIntelのプラットフォームが進化し、性能が良く、かつ軽量・長寿命なノートPCがWindows搭載PCでも散見されますし、Macに価格優位性があるとは言えなくなりました。

その前に2:Windowsについて

Windows自体が気に入らなくてもデスクトップLinuxが十分実用的ですから入れ替えてしまえば良いですし、Windows自体も開発環境として逆にMacに対して優位性を持ってきています。MicrosoftがXamarinを買収し、ほとんどのプラットフォーム向けの開発が出来るようになっており、また次期大型アップデートにて、Bash on Ubuntu on Windowsが搭載される(Windows 10次期バージョンに搭載:米マイクロソフトがBash on Windowsを発表、その目的は – @IT)ということもあります。
そんなわけで、むしろWindowsを選ぶ、という方も増えてきています。なお、MicrosoftとOSS界隈についての最近の空気感についての記事はこちら: 「マイクロソフトを嫌っていたのではない、われわれが嫌われていたのだ」――Rubyまつもとゆきひろ氏が語る、MSの壁 – ITmedia ニュース

※ただし、iOSについてはビルド・署名にやはりMacが必要: Windows だけで Xamarin.iOS 開発をするには – Xamarin 日本語情報

では、Macを選ぶ理由は、

そんなわけで、開発者だからみんなMacというわけでもなくなってきたかな?というところなのですが、2011年の記事にならって、Macを選ぶ理由を挙げてみたいと思います。

理由1:美しい

まぁ、主観的になるので賛否両論ありそうですが、ハードウェアの外観・シンプルさに加えてOSの設計であったり、フォントレンダリング部分が美しいと感じます。とくにRetinaディスプレイは大抵のWindows PCよりも美しくフォントレンダリングされます。Windowsも8.1から高DPI対応などしていますが、アプリケーションの対応状況など含めまだまだな感じがします。

理由2:BSDベースである

BSDベースであり、Terminalで普通にBashなどが利用できます。またCUIベースでOSの設定も弄れますし、アプリケーションのインストールも可能なので、Macを購入して最初の設定や使うアプリケーションのインストールをシェルスクリプト+Ansibleであらかた済ませてしまうことも出来ます。(WindowsだとSysprep or プロビジョニングパッケージを使う感じかと思いますが、シェルスクリプトやAnsibleの方が手軽で速い。)

バージョンはアレなものの、デフォルトでRubyやPHP、Pythonなども入っていますし、なにかやろうとしてMacだから困るということがあまり無いかなという感じがします。

また枯れたベースであるから安定しているように思います。自由度が無いから安定しているのではないかというコメントがあったのだけど、開発環境として自由度と安定度なら安定度をとるだろうし、社内で使うなら、自由度はマイナスになる可能性がある。個人的にはWindowsが自由でMacが自由じゃ無いというのは、開発環境として使うという限りにおいては、よく分からない。自由がほしければ、デスクトップLinuxを使う。安定もしてるし。

理由3:アップデートにおける連続性

ここらへんもやや主観的だけれども、Windowsを使っててイラッとするのが、アップデートで操作性が大きく変わったり、アップデートをキャンセルしたつもりが強行されたり、作業中なのにアップデートしましょうみたいなダイアログがアクティブになって、作業を阻害するところ。特にWindows 7の時に酷かった。Windows 10でも少しは良くなったものの、やはり作業を邪魔したがるところがある。OSとしてそれはどうかというところ。

Macは良くも悪くもベースが変わらず、また通知もGrowl的な通知がされるだけで作業をとりあえずは阻害しない。

理由4:Macで困らなくなってきた&開発環境として優秀

elTAXとか除いて、Macでも使える…というか、クラウドベースのアプリケーションが増えブラウザさえあれば、業務が回る会社も多くなってきており、また何か新しいアプリケーションやサービスがでてもMac版が提供されるのが当たり前になっているので、もうあまりMac一本で困らなくなってきた。まぁ、ただこれは会社にもよるとは思うけど。

MS OfficeもWeb版があるし、Mac版も2016が提供されており、会計ソフトも、freeeやMFクラウド会計、弥生会計ネットワーク版などブラウザさえあれば使えるものが出てきました。

開発環境としても、上述のようにWindowsも追随してきていますが、iOSアプリの開発が1から10まで出来るのは、やはりMacですし、その他のプラットフォーム向けの開発も可能です。
また、IDEやエディタ、その他開発に必要な主要なアプリケーションは、Macで普通に動きますので、困ることがほとんどありません。(Visual Studio系、C#、.NET系、ゲーム開発などはWindowsの方がよさそうですが。)

Windows向けデスクトップアプリもElectronなどありますし、場合によりますが、なんとかなるかと思います。

理由5:開発者っぽい

特にノートPCについては、それぞれのブランドでイメージがあり、Let’s noteやThinkPadは、ビジネスマンという感じがしたりします。Mac、とくにMacbookは開発者やITギークっぽさがあり、開発者ぶれるところがある気がします。スタバとセットで、ウザく思われるかたもいる気がしますが。

まとめ

こんなところでしょうか。選ばない理由も人により様々あるかと思います。別にMacが最高と言っているわけではなく、選ぶ理由は上記のような感じかなというところです。

小さい財布ダンボーバージョン外観3

「薄い財布」「小さい財布」などで有名なabrAsus(アブラサス)より、小さい財布のダンボーバージョンが発売されました。(→商品サイト:ダンボーとコラボした小さい財布abrAsus(アブラサス)

商品の詳細は、すでに商品ページで詳細に記載されていますので、あまり説明は要らないのかなと思います。

見て貰えば分かるとおり、カードが何枚も入るわけでも無く、小銭もある程度しか入りません。そのため、人によってはメインに出来ないでしょうし、様々な使い方が考えられます。私の場合は、この財布をメインにし、この財布に入らないものは、今までの財布に入れて鞄に入れておくつもりです。

1月発送と書かれていたのですが、早くなって12/29発送となり、届きましたのでレビュー記事をエントリー。

実際に手にしてみた感じ

実際に手にしてみた感じは、小さくて可愛く、ダンボー好きにはたまりません。

革好きとしても満足がいくキャメル色の革で、革の質、仕上がり、仕付などもかなり良い仕上がりだなと思っています。

すこし傷がありましたが、革の手作り品はそれも味だと思える人で無いと購入しない方が良いと思います。

写真ギャラリー

小さい財布ダンボーバージョン外箱小さい財布ダンボーバージョン箱を開けた様子小さい財布ダンボーバージョン箱への収まり小さい財布ダンボーバージョン外観3小さい財布ダンボーバージョン外観1小さい財布ダンボーバージョン外観4小さい財布ダンボーバージョン開いたところ小さい財布ダンボーバージョンにのみ付くコイン入れマーク小さい財布ダンボーバージョン 内部に型押しされたマーク小さい財布ダンボーバージョンにお札を入れた様子小さい財布ダンボーバージョン カード入れ小さい財布ダンボーバージョンにお札を入れた様子2小さい財布ダンボーバージョンのダンボー側と反対側小さい財布ダンボーバージョンを横から

詳細と購入はコチラから↓

ツバメノート スパイラルノート セクション表紙1

ツバメノートは大好きなのですが、糸がかり製本な点がどうしても好きになれませんでした。一冊の枚数が多い物は糸がかりが良いのですが、50枚くらいであれば、ぴたっと机に着いてくれるノートが好みです。

その観点からは、ほぼ日手帳やMDノートなどが最適でした。1冊80枚以上であれば、ツバメノートにノート用カバー「LIBRETA(リブレタ)」というものを組み合わせて使っていました。

しかし持ち運びに便利でどこでも何度でも参照でき、狭い机でも書き込める小型のツバメノートが欲しくなってしまいました。MDノートの小型サイズでも良いのですが、他の用途で使っており、別のノートも試してみたくなって、前から気になっていた「ツバメノート スパイラルノート セクション」を購入しました。

使用してみた感想

ツバメノート スパイラルノート セクション表紙2

ツバメノート スパイラルノート セクション表紙のサイン

ツバメノート スパイラルノート セクションのリングと中身アップ

ツバメノート スパイラルノート セクションの裏表紙

素直なリングノートです。リングノートとして使い勝手は抜群で、フールス紙も最高です。
がしがし書き込んで、何度も読み返しています。

リングノートなので、折り返して幅を狭く使えるのがホントに便利です。狭い机でも置けますし、電車でも立って読むことが出来ますし、満員電車でも気兼ねし辛くなります。

あとは値段が高いことが難点です。何でこんなに高いんでしょうかね。。。

購入はこちらから

FuelPHPロゴ

職業プログラマではないのですが、仕事でPHPを用いたシステムをいくつか常用しており、フレームワークとしてFuelPHPを利用しています。そこらへんは以前のエントリ(→PHPフレームワーク「FuelPHP」について。CakePHPユーザーからの感想 | Lunarian's Blog)にて記載しています。

その際に紹介した書籍が2つあったのですが、うち1つの改訂版が出るという点と、もうひとつ電子書籍のみだったものが紙の書籍になって出ました。

私はどちらも旧版しか読んでないので、下記はそのときの印象についての記述です。

電子書籍で出ていたものです。電子書籍なのに改訂が有料かつ分冊化というのがよく分からない感じだったのですが、このたび紙の書籍化でそういうのも吹っ飛びました。
FuelPHPについてだけでなく、ユニットテストなどのモダン開発の視点からも記載があり、コード例が豊富で最初のころはとても助けられました。モダン開発の視点からもFuelPHPというフレームワークは便利なのだとわかります。
FuelPHPに関する代表的な書籍です。

装丁が変わっていたので分かりづらいのですが、FuelPHPに関するもう一つの代表的な書籍です。旧版は、右画像のような装丁です。

わかりやすく、必要十分に、そんなに深くまでは行かないという感じです。とはいえ、もう一つの書籍とはコード例の書き方が違うので、いろいろな書き方を見るという点で良いと思います。

FuelPHPは、フォームの書き方がformクラス+Validationクラスの書き方も、それらが一緒くたになったFieldsetクラスを使った書き方もあり、そのどちらにもメリット・デメリットがあるので、いろいろなフォームコード例を見るとそれらが立体的に見えてくると思います。
(その後で、Viewformプラグインとか使うとわかりやすい気がします:fuelphpのfieldsetがもったいないので拡張してみた | エンジニア開発記

お金に糸目をつけない人は、両方買うのがおすすめです。どっちか一つとなると甲乙つけがたい気がするのですが、あとは初心者よりなら改訂 FuelPHP入門、それなりにPHPもフレームワークもやったぜ寄りな人は、はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版という印象です。両方とも紙の書籍なので、本屋で読み比べるのが一番ですけどね。

最近のFuelPHPについて

相変わらず国内ではそれなりに人気があり、国外では下火という流れです。以前からの既定路線ですね。そして、これも既定路線ですが、PHPフレームワークの「Laravel」(ららべる)が国外で盛り上がりを継続し、それが国内にも進んできているように思えます。かくいう私も今の開発が一段落したらLaravelを勉強しようとたまにドキュメントを見ていたりします。印象として、Laravelは、シンプルで美しく固い菊人形のような印象を受けました。FuelPHPも綺麗ですが、もうちょっと庶民的な印象です。

とはいえ、正直Webアプリは、Javascriptによるアプリ、HTML5アプリといった方がよいのかよくわかってないのですが、JSによるステートフルな、ワンページアプリケーションが良いのでは無いかと思い始めています。私が作っているシステムは小規模オフィス用のCMSだったり、他の会社との協業ツールで、完全にJSアプリでだいたい出来るのでは無いかと思っています。

AngularJS、Backbone.jsなどのJSフレームワークも発展し、PHPはサーバー側でREST対応で良いかなという感じですらあります。そういう意味で言うとFuelPHPは最適といえるフレームワークですし、Laravelをあえて勉強する意味はそんなには無いのかなと言う気もしています。

まだ自分はモダンな開発手法、よりMVCを徹底して、DRYな開発が出来ているかというとまだまだなので、今の開発ではそれらを実践して、一つ一つ積み重ねています。その後で、Laravelなり、AngularJSなりに手を出したいなと思っています。

SlipOn(スリップオン) ロディア#16(No.16)用レザーカバー正面

PCが大好きでキーボードも大好きだけど、手書きのメモも好きである。

昔、論文試験がある試験対策でものすごく文字を書いていた時は手首の痛みが酷かった。それも万年筆にしたらかなり痛みが解消したという体験から、なるべく普段のメモやノートも万年筆にしている。(ちなみにキーボードは、デスクトップではRealforce、ノートはThinkPadにしたら改善した)

とはいえ、結構なめんどくさがりなので、万年筆特有のめんどくさいのはイヤ。

そんな自分にとっての必須アイテムが、PILOTのキャップレスデシモという万年筆。これは別エントリー済み。
→続きを読む